ものづくりには先達の知恵が大切

学術、スポーツ、ものづくりなどにおいて、すべて一から作り上げるのはたいへんであり、効率的ではありません。先人の知恵を借りることにより素早く事を進めることが可能になります。

そのため、先達者の功績は資格などのほか著作権等の工業所有権にて保護されます。それでなくとも新しいことを進める人間は迫害の対象になりやすくガリレオ、ジェンナー、親鸞などは自説を全うするのに多くの苦労が有りました。

身近なことに話を戻せば小さなシステムを構築するにも基礎が大切です。コンピュータの世界では解説書、開発ツール、サンプルコード、DLL、API、画像素材、テンプレートなどが基礎に相当し、これまで多くの先人が無償で公開しているものが数多く存在します。無償で使わせていただいたお礼は注記で述べることもありますが「恩は遠くから返せ」の仰せに従い、間接的にならざるを得ません。 文明が高度になるほど先達の知恵が大切になります。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA