アプリ甲子園

2012-09-30、株式会社D2C本社において、12-18歳の中高生(含む小学6年生)を対象にスマートフォンアプリ開発のコンテスト「アプリ甲子園」が開催され、中学2年生が優勝をおさめました。我が国はこのような催し物が少ないようです。野球、サッカー、ピアノ、バイオリンなどは小学生の頃から海を越えて世界を知る機会があるのに、学術的な分野では残念ながらその機会はほとんどありません。 D2Cは大手系列の会社のようですが、ものづくりの一環として高校野球のように「アプリ甲子園」が盛り上がればうれしい限りです。優勝者にはiMACパソコンの贈呈ですが底辺を広げるためにも関係者にがんばっていただいて、夏休み開催に変更しでっかくハーバード大やシリコーンバレーの研究所見学招待くらいは奮発して欲しいものです。このサイトでもAndroidアプリの拡充を急がなければと考えています。                優勝作品 「見えるプレゼンタイマー」

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA