冷徹な判断

将棋・扇子将棋界で女子高生が奨励会入会試験で12勝4敗の好成績の結果を残し、女性二人目の奨励会初段になりました。将棋界では初段になることを入品(にゅうほん)といって特別な出来事と位置づけています。女流プロでも将棋の普及に絶大な貢献をされていますが、正式なプロとは言えません。次は2段、3段と昇段して正式なプロ棋士として認められる4段になって欲しいものです。 軍師官兵衛に代表されるように知略は男性の特権と語られていますが、恐ろしきは女性の深謀遠慮などとも言われます。知的競技に性差はありません。史上初というニュースを待っています。 官兵衛とお光 歌手・氷川きよしを追っかけている老若男女も多いです。追いかけることが好きな方は、ブログを開設している女流棋士のサイトを訪ねてはいかがでしょう。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA