温故知新

三重県の関宿を訪ねました。江戸時代の東海道の宿場町の街並みを復元しています。街並みは昔のままですが、生活者の車や宅配便の車がときどき走ります。営業中の百五銀行の写真です。自動ドアが開いたときATMが見え、中は一般の銀行と変わりないようでした。銀行名は昔なら右から左に書いたことと思うが些事を乗り越えた新旧融合でしょうか。  

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA