自前でするカメラ修理

デジカメを修理に出そうとしたら、修理代が2万円近くかかるので自前でする修理法を伝授してもらいました。小雨降るバス旅行で写真を撮っていたらレンズに水滴が付いて写真にもゴミが付着したように写るようになりました。くもりは2~3週間たっても取れません。 上部右寄りの日本列島のような曇りです。ズームアップにした時が顕著に現れます。綿棒やメガネ拭きでレンズを拭きましたが、拉致があきません。今では2万円出せば、新品が買えるので考えました。購入・持ち込み先はY電機で、イケメンタイプのセールスエンジニアは、自前で行う対症療法を教えてくれました。レンズを出してレンズ正面から40cmほど離してドライヤーで冷風を吹き付けます。その後、バッテリを外してカメラ下面に40cmほど離して弱め目の熱風を吹き付けるとくもりが取れることがあるので試されてはいかがと説明されました。それでも直らなかったら修理致しますと言われました。 帰ってさっそく試したところ、曇りが取れたので拍手喝采です。カメラはそれなりの値段でしたので、これで一安心です。ありがとう、Y電機。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA