月別アーカイブ: 2015年10月

ラジオと文化

情報入手先

TVradioラジオはテレビと異なり、聴きながら仕事をすることも可能です。長年、ラジオを聴きながら仕事をしてきました。

多くの関係先との触れ合い・折衝を持つ業務では仕事を通じて新鮮な体験ができますが、事務職にはラジオからの情報入手は貴重です。

ラジオの良さ

ラジオはテレビや新聞に較べると本音で語ってくれます。テレビ、新聞はスポンサーへの配慮が行き届いていて優等生の原稿棒読み答弁のようで面白みに欠けます。大組織や皇室に対しては過度ともいえる気遣いが感じられます。

組織の行方

自由闊達その点、ラジオは奔放さ・自由闊達が感じられ聴いていて面白いです。発展途上期の昇りつめる前のラジオは最高でした。

斬新で今では考えられないような企画が目白押しでしたが、今のラジオ局は小金もちの紳士然といった感じで、蓄財もできたのでこれからはひたすら名誉取得に向かうのでしょうか。

成功と失敗

成功失敗.生きている組織で方向転換はどこにでもあります。一般論ですがラジオ局に限らず、わき目も振らずがんばってひとかどの実績を上げると下品から上品、こわもて(強面)からやさがた(優形)を希求するものです。

会社や組織を大きくして登りつめる人、閑職に追いやられる人さまざまで、人間の社会ができてから何千年も前から幾度となく繰り返された出来事です。

改良されたラジオ

Radio02大きな震災ではテレビよりもラジオが活躍します。電池で動作するテレビは多くありませんが、小電力で動作するラジオはコストパフォーマンスが極めて高いといえます。

腕時計の動力源は最初はゼンマイでしたが、電池、ソーラーと変遷しています。ラジオも震災を考慮し太陽光電池で動作してもらいたいものです。

新しい情報発信

日本国中にミニFM局が存在します。スポンサーを募って開局することもできます。いまさらラジオですかという方には、USTREAMで動画をリアルタイムに発信できます。テレビ局のようなものをゼロに近い経費で開設し、自分がオーナーとなって運営できます。

情報発信成熟した社会で既存のものに食い込むには、安定したサービスを提供し共倒れ・過当競争を防止すべく、専門資格を必要としています。それで新規参入を狭めています。

明治維新や太平洋戦争後のような転換期には先を読む能力のあるものが巨万の富を築いたり武家の商法で破産したりしました。

グローバル化が極度に進み、難しい運営が強いられる時期ながら、新しいことに突入するものを山師と呼んでうらやましがったり、色眼鏡で見たり、軽視したりという犬の遠吠えが聞こえてきます。

ブログの情報発信に飽き飽きしたのならミニFM局、USTREAMを研究してみてはいかがでしょう。

インターネット時代

移り変わる時代に

時代の波に時代の流れに合わせていかないと取り残されます。さりとて、確たる考えもなく付和雷同し闇雲に追随して臍を噛む思いをすることも多々あります。その見極めは各人の器量によります。

不明な問題が起きた場合、スマホを持ち歩いていれば、過去の解決法などを参照し、たちどころに解決に向かうことでしょう。

しかし、すべてのケースで最適な解決策が見つかるとは限らず、これまでに蓄積した知識で瞬時に判断する手法をも身に付けておかなければなりません。

陳腐化

東海道53

かつて、知らないことがないほどにあらゆる分野の知識をいとも簡単に解説し、生き字引と言われる物知りがいました。インターネット時代の今では、その呼称は死語に近いです。

また、結婚式や忘年会などで東海道53次や徳川15代歴代将軍名、山手線駅名をソラで披露する余興がありましたが、これもありがた味が薄れて消滅しています。

一つ覚え

インターネットの効能今では見られなくなりましたが、何でもかんでもインターネットの効能を声高に語る熱血漢もいました。反面、電子メールなど利用できなくても困っていないと強がる御仁もいます。

連絡用のEメールが送信できず、郵送を余儀なくされている事務局が困っていることに気づきません。

52円、82円といえども数がまとまると経費と手間がかさみます。全員に一斉メール送信できたらと思うと泣きが入ります。

空気のごとく価値のないもの

力のないものほど他人を差別したり、自己流を貫きがちです。

へりくだったり強がらなくても普通の付き合いをすれば得策なのに意地を張って世間を狭くすることがあります。

新しいものについて便利と思ったり、費用対効果を考えて価値があれば採用しましょう。

身分違いの恋

紅の雁

紅の雁千野隆司氏の時代小説「紅の雁(くれないのかり)」を読み終えました。非日常的なことが次から次へと起きて一気に読むことができました。

あらすじ描写は新しい読者の興味が薄れてしまうので極力、割愛しますが一言で表せば身分違いの恋です。

小説は平凡な日常生活の連続では誰も読んでくれません。アッと驚く展開が読者を釘付けにするのです。

 

ローマの休日ローマの休日-fit-248x348

古今東西、身分違いの恋は悲しい結末が多いのですが、ハッピーエンドで終息するたくましい恋はドラマによく合います。

カップルの間柄では「ローマの休日」に代表されるように、男性が市井の人(しせいのひと)で女性が高い身分のケースが多いようです。

市井の人と雲上人

市井の人このドラマは窮屈な王室生活に飽き飽きしている王女といけめんカメラマンとのハプニングの恋ですが、さすがに恋の成就とはなりませんでした。

雲上人(うんじょうびと)とは、はるか昔では宮中の人などを指す言葉でしたが、今では住む世界が違う人のことを言います。

対して市井の人とは、井戸端会議に花を咲かす人々ですから庶民ということです。

オードリー・ヘップバーン主演の「ローマの休日」映画は著作権が切れていると思われるので、無料で入手できそうです。

王冠を賭けた恋

「紅の雁」の主人公は徳川8代将軍吉宗のような妾腹の子である庶子・三男でありながら、養子になって殿様になり、微禄な嫡子(ちゃくし)の兄たちに妬(ねた)まれます。

実は養子になる前、あねご肌の市井の女性との間に一子をもうけていました。

王冠を実社会でも身分違いの恋は少なくなく、英国王エドワード8世(ウィンザー公爵)の「王冠を賭けた恋」はあまりにも有名です。

それとは少し異なりますが、三人の子連れ女性と結婚し、さらに二人の子を授かり五人の子の親となって悠々の人生を歩んでいる頼もしい芸能人がいます。

「紅の雁」の主人公は旗本のリーダーとして名実ともに嘱望されながら、すべてを投げ打って市井の女性のもとへ…が結末のようです。

執事が代行

執事しもじもの人間には考えられないのですが、公共交通機関の切符を自分で買ったことが一度もない、自分の銀行口座からお金を引き落としたことがなく秘書・執事が代行してくれる、供を連れずに一人で出歩いたことがない人が存在するようです。

俗な言い方をすれば、超お金持ちの爺やと婆やに囲まれた環境です。

一般人にはごく普通の行動ながら違う環境で育ったものには何もかもめずらしく、ドラマ仕立てで展開するので多くの読者を惹きつけるのでしょう。

読書の秋

読書の秋文学作品を通して何かを訴えるのが作家ですが、あまり深刻な作品は敬遠したいです。齢(よわい)を重ねるとより娯楽性を求めるようになりました。

秋の夜長には、好きなジャンルの本をじっくり読むのも至福のいっときといえましょう。

 

条件分岐タグによる記事作成

概要

晴れた日、曇った日、寒い日、暑い日別に人々の折々の感情を込めて記事を自動的に変化させたいことがあります。

人間の五感のようにきめ細かな対応は無理にしても、条件分岐タグを用いて曜日に沿った記事を作りました。dateによるphpコードを埋め込んで曜日別に記事が更新されます。見本のスケジュール表の該当曜日が青色で表示されます。

条件分岐タグ

条件分岐タグ

条件分岐タグとは外部条件により文章を変更するときに利用します。上図の例では$yの値によって、文章を変えています。

テキスト以外にも画像や音声などをブロック単位で設定する場合に使います。6,8行目は:(コロン)、10行目は;(セミコロン)です。<BR>は改行を意味します。

$wは0~6(曜日)の値を持ち、月~金ならば$yに1、土日ならば0に設定するために使われます。そのほか、JavaScriptコードで当日のスケジュール欄を青色に塗りつぶす処理に利用されます。

内容

学業は休みです。バイトや趣味に大車輪です。



終わりに

phpコードのdate関数で本日の曜日を算出します。この値を条件分岐に利用し、曜日の値が1~5ならば授業日、それ以外では学業休日と表示し、その後、JavaScriptコードで該当曜日をブルーで表示しています。html文書にphpとJavaScriptコードが混在するとき、出現順にかかわらずphpコードが先に解釈されます。

余談

date関数を呼ぶ前にdate_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo’);を置かないと朝の9時までは前日の曜日になるようです。

おまけ

小中学生の教科時間割表の曜日欄やカレンダーの今日の日付欄が動的に着色される日は近いようです。カレンダー会社さん、さっそく売り出してはいかがでしょう。

★※※※※■

歴史クイズ

年代順にクリックする

鎌倉時代の主な出来事を6件挙げました。古い順にクリックしてください。正解の場合はファンファーレが流れ、運気隆盛をお喜び申し上げます。正解が遠い場合には末尾のサイト等を参考にしてください。



参照

鎌倉時代の歴史について にほんのれきし氏のサイトを参照させていただきました。

会員限定閲覧方法

会員限定の必要性

メルマガ会員ブログやホームページは多くの人に見ていただくことを目指していますが、中には限定的に公開したいときがあります。

会場が狭く集合人数を限定化させる、プライバシーを保護する、会員を優先させる場合などに採用することがあります。

このツールの意義

ホームページやブログ運営サイトの持つ会員限定閲覧機能は記事全体にパスワードをかけています。WordPressでもそうなっていました。部分的にパスワードを設定しているサイトは多くあり、おそらくはプラグインツールを利用しているものと推定します。

JavaScriptコードを埋め込んで中枢情報は会員だけが閲覧できる機能を実現してみます。

例題

真田氏本城跡《2015真田の庄を訪ねる旅》は天候にも恵まれ、成功裡に終了の運びとなりました。これも偏えに皆様の日ごろの精勤の賜物と感謝申し上げます。

以下に旅のアルバムを作成しましたので、ご覧いただいて多くのコメントが寄せられれば望外の喜びとするところです。

このページはプライバシー保護のため会員限定とさせていただきました。

閲覧するにはパスワードの入力が必要です。 事前にお知らせしましたパスワードを入力してください。尚、パスワード情報は他言無用にお願いします。

パスワードを入力します

ここだけの話 パスワードは極秘情報です。説明のため特別にお教えします。日曜日を0、土曜日を6に見立て、本日の曜日を0~6に変換し、その値をxとすれば x*x+x+200000 で算出します。土曜日ならば200042になります。

 


    


では、左の欄にパスワードを入力し右のボタンをクリックして《旅のアルバム》を閲覧しましょう。

呼び出し元の確認

これから述べる呼び出し元の確認処理は呼び出し先のページに追加します。上で述べたように閲覧許可のパスワードに合致すれば目的ページにジャンプするだけでは不十分だからです。

ページを閲覧するには、サイトマップ、カテゴリー別アーカイブ一覧、カレンダー、最近の投稿、検索からも可能です。下図は、最近の投稿から呼び出す例です。

最近の投稿

参照されたページでは、案内ページから正規手順で呼び出された時だけ中枢閲覧を許可する処理を用意する必要があります。呼び出されたページではどこから閲覧されたかをある程度知ることができます。

詳細な呼び出し元を特定することはできませんが、自分のページからでないことは容易に判り、その場合は中枢情報を閲覧しないという処理コードを埋め込みます。(以上)

※※※※※※

真田の庄を訪ねて

旅のアルバム

このページは会員限定閲覧方法から決められた手順を踏んで唯一、参照できます。当ページはサイトマップ、カテゴリー別アーカイブ一覧、カレンダーにも表示されますが単独で呼び出すことはできません。

このページはセキュリティで保護されています。規定のページ《会員限定閲覧方法》から開始してください。