autoplayの小調査

自動再生を調査する

ブラウザの雄、グーグルクロムにおいて2018年、オーディオとビデオオブジェクトの自動再生の仕様が無効扱いに変更されたことは公知の事実です。音声を無音(ミュート)にしておけば従来通り再生されます。

思いがけない大音量で自動再生され不快な気分になることを避ける意味合いから変更になったものと推定されます。Chrome以外でも近い将来には同様の動きになるものと思われます。

調査した内容

  1. chrome以外に他のモダーンブラウザにおける動作を確認する。
  2. 自動再生が無効になったブラウザで従来通りの動作にする方法。

チェック方法

調査アプリの実行時に計測用時計を起動し、ブラウザ名を表示し、音声オブジェクトの再生開始イベントを取り付けます。そして、body要素のonload属性に音声を再生するコードを指定します。

再生開始イベント関数において、《再生開始》のメッセージと経過カウンターを表示します。

チェックに用いたJavaScriptコード

次のコードの5行目、audio要素にautoplayを指定しているので、以前はすべてのブラウザにおいて音声オブジェクトの準備が完了したときに、音声が流れていました。Chrome66以降ではautoplayの動作が細かな設定に基づいて動作します。

<!DOCTYPE html>
<html>
<body onLoad="start();">
<div>音楽:<span style="color:deepskyblue; font-size:32px;">『昼下がりのワルツ』</span>、H/MIX GALLERY 音楽素材より</div>
<audio id="bg" style="float:left" src="http://aidesign.lolipop.jp/wp-content/uploads/2018/05/c3.mp3" controls autoplay controlsList="nodownload"></audio>
<div id="brows1" style="float:left; font-size:18px; color:darkgreen; border:0px navy solid; width:95px; height:28px;">ブラウザ名</div>
<div id="brows2" style="float:left; font-size:18px; color:darkgreen; border:0px navy solid; width:70px; height:28px;"></div>
<div id="brows3" style="float:left; font-size:18px; color:orangered; border:0px navy solid; width:120px; height:28px;"></div>
<script src="http://aidesign.lolipop.jp/wp-content/uploads/2017/11/DevelopingTools2.js" charset="UTF-8"></script>
<script type="text/javascript" charset="Shift_JIS">
var counter=0;
setInterval('timer()', 250);
document.getElementById("brows2").innerHTML=BrowsN[getBrowser()];	//ブラウザ名を設定
document.getElementById("bg").addEventListener('play', function(){	//プレイイベント
  document.getElementById("brows3").innerHTML="再生開始,"+counter;	//この関数は再生開始時に実行
});

function start(){
  document.getElementById("bg").play();
  console.log("Check autoplay!");
}
function timer(){													//実行開始からの経過をカウントする
	counter++;
}
</script>
</body>
</html>

当ブラウザのチェック結果

音楽:『昼下がりのワルツ』、H/MIX GALLERY 音楽素材より

ブラウザ名
 
 

 

上記動作コードは、閲覧者がブラウザの設定を変更した場合、動作確認のために用意されています。ブラウザ名XXXXの右に赤字で再生開始, XXが表示されないときはautoplayが無効になっていることを示しています。この場合、再生ボタンをクリックすれば赤字で表示されます。

主なブラウザの動作結果

  1. ローカル環境においてデフォルト状態のブラウザCHROMEにて動作
  2. ローカル環境においてブラウザCHROMEのAutoplay Policyのスイッチ、No user gesture requeredを選択して動作

 

モダーンブラウザの動作結果

ブラウザ名 動作環境 設定条件 自動再生結果
Chrome ローカル環境 デフォルト 無効
Chrome ローカル環境 ※1)Autoplay policyを設定 有効
Chrome 公開サーバー デフォルト 有効
edge 公開サーバー デフォルト 有効
IE11 公開サーバー デフォルト 有効
firefox 公開サーバー デフォルト 有効
opera 公開サーバー デフォルト 有効
Chrome 公開サーバー  デフォルト 無効
Chrome 公開サーバー ※2)Google chrome設定で許可する 有効

※1)Google chromeの場合、Chrome.exe画面のアドレスバーにchrome://flagsを入力して、エンターキーを押下します。その後、autoplayで検索し「Autoplay policy」欄の右端に現れた値をNo user gesture requeredに設定する。

※2)Google chrome‐設定(右上の縦…)‐詳細設定‐コンテンツの設定‐音声‐許可するサイトを入力する

さいごに

販売促進のキャッチコピーを流す場合、音声が流れることを十分にお知らせした上に、クリックやタップの操作をしないで自動再生したいことがあります。そんな場合のために、現況を調査したうえで再生の方法を確認しました。

細かな設定をいとわなければ、今までに動作していたアプリに手を加えずにかつての動作をよみがえらせることができます。

尚、これから開発するアプリはだしぬけを食わしたりすることなく快適さ、心地よさ、アメニティなどを第一義に考える時代になったようです。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA