バランス感覚

万能型は稀

それぞれの分野ごとに専門家がいたり、大が小を兼ねないことがあったり、万能はなかなか存在するものではありません。いつも他人を攻め続けている人は、攻められるともろくも崩れることがあります。

空母機動部隊を防御するイージス艦がコンテナ貨物船と衝突しました。

最新兵器による遠くからの攻撃には鉄壁の防御システムが働いても、近くの船舶の航行を避け切れないことにはちぐはぐさを感じます。

2000億円もする精密機器搭載のイージス艦も横からの不意打ちには手も足も出なかったようです。

将棋になぞらえると

将棋の飛車は攻めゴマの最高峰ですが、攻められると弱い一面を持っています。飛車、角、香車の利きは遠くから有効であり飛び道具として使うと効き目があります。

敵の王将、金、銀などの利きは長くない(自分の周り1マスぶん全部か一部)ので遠くにある飛び道具側は安全ですが、やむなく近くから攻めざるを得ないときに弱点が露呈することがあります。

詰将棋

上図のような持ち駒のない王将を飛車と銀によって攻め続けて打ち取る場合を想定します。

攻めには飛車で5二飛と玉から離して打ち下ろします。5二でなく6二と近づけると失敗します。王将側には合い駒(相手の攻め駒の利きを遮る駒)がないので王手を避けるには、9一玉、8一玉、7一玉の3応手がありますがそれぞれ、即詰みです。手順は以下の通りです。尚、慣例で王将は玉(たま、ぎょく)と表示します。

5ニ飛 9一玉 9二銀            
5ニ飛 8一玉 8二銀 9二玉 7一銀不成 9一玉 8二飛成    
5ニ飛 7一玉 7二銀 8二玉 6三銀成 9一玉 9二歩 8一玉 7二飛成

この他にも5一飛成として竜を作って詰める手順もあります。この手順は強さと弱さが同居している話から遠ざかるのでカットします。

不詰め

2番目のような駒の配置では玉側に5二の桂馬があるので、6二飛と攻めることになります。7一玉と応手されるとその後の攻めが続かないので、不詰めとなります。

将棋の格言に《大ゴマ(飛車と角)は近づけて受けよ》があります。

これは飛車や角は攻められると弱いコマだからです。斜めに利きがないためです。敵陣に侵入し飛成すなわちになれば最強のコマになるのですが、強さと弱さを兼ね備えているとドラマのようです。

さいごに

兵器の最高傑作ともいえるイージス艦の事故にシステムの安全性やバランスについて考えてみました。遠くを照らす灯台において、近くの足元は暗く万能を望むのは無理な注文なのでしょうか。

今では、個人が所有する車にも自動ブレーキが備わっているものがあり、数千億円もする高価なシステムでは、ニアミスへの警告音発声は小予算でできそうです。また、GPSによる位置検出の制度が6㎝に突入しており、衝突しそうになったら自動監視システムが起動して両船の航行を修正できそうに思います。

ルネッサンス期の芸術家にレオナルドダビンチがおり、「万能の人」、「完人」と言われました。芸術方面だけでなくあらゆる分野に精通されたと言われています。最後に、その肖像画を掲げて終わりにします。

追加

今年は、ヘリコプターや小型飛行機の墜落事故が多いようです。経験豊富なベテラン機長の場合で起きています。科学の応用で山に衝突は避けられるのではないでしょうか。車などにおいて、乗り心地の追求が先で、事故への対応がおろそかになっていたように感じられます。人命尊重の機運の高まりを切望します。

おまけ

ちぐはぐさに怒りがこみ上げてくることがあります。Yシャツにスペアボタンがつくようになったのはいつからでしょう。たった数千円の商品にも大事を考えて突発事故に備えています。バランスを考慮した設計をお願いします。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA