Local環境から本番環境に移植時の大失敗

込み入ったブログ記事はローカル環境で期待した動作になったことを確認してから本番環境に移植します。二つの検証を同一パソコンで行ったために、大失態となりました。二度と失敗をしないように恥をしのんでメモに残します。 今回、ちょっと複雑めなphpプログラムコード入りの記事を書き、異なるページに条件分岐する内容でした。分岐先もローカルサーバー上に作った記事にしました。ローカル環境で動作は期待したようになり、本番環境に移植して同一パソコン(下図のパソコン-A)でテストし、期待した動作を確認し公開の運びとなりました。 パソコンA-B 2~3日後に、2台目のパソコン(上図のパソコン-B)でブログを閲覧して誤動作に気が付き愕然としました。動作の参照形態を上図にまとめました。本番環境のテストはまさに本番環境でチェックしないと火傷をするという体験でした。 大いなる失敗 目先の動作に惑わされることなく、リンクを貼る分岐先はレンタルサーバー上にアップロードしたリンク先に変更することを忘れないように。ジャンプした画面の表示よりも最上位に表示されているURLアドレスを確認することを怠ったための失敗でした。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA