パソコンでBlu-rayDISCを作る

デジカメやスマホが進化してもデジタルデータはまだパソコンで集中管理しているのではないでしょうか。結婚式、卒業式、入学式などをビデオに納めユーチューブなどのクラウドを使って家族・知人に送るのがトレンドになっています。パソコンに精通した同居息子夫婦の世話になりたくないという頑固者に、DVDに焼いて送るためブルーレイDISK作成ソフト(multiAVCHD,ImgBurn)を利用してパソコンでオーサリング済みの書き込み用イメージファイル(○○○.m2ts)を作り、BDディスクを作成しましたが動作しませんでした。Blu-rayディスクをパソコンから取り外してブルーレイレコーダーに実装すると「未フォーマット:再生できません」、「カートリッジプロテクトを解除してください」のエラーが表示されてBDディスクは認識されませんでした。 WindowsDVDmaker 紺屋の白袴、灯台下暗しでWindows7には「Windows DVD メーカー」があることを知らず2日間浪費しました。Windows DVD メーカーはWindows7に組み込まれており、スタート-すべてのプログラム-WindowsDVDメーカーにて起動できます。操作は簡単でWindows DVDメーカーでDVDを作成するなどを参考にすれば、容易にBlu-ray用ディスクを作成できます。自ら撮影した画像は著作権等の心配は少ないですが、購入したDVDには著作権がありダビング10(テン)などの仕組みについても配慮しましょう。BluRayDisc 因みにDiscとDiskはどちらも使われます。Blu-ray DiscはBlu-ray Disc Associationの登録商標です。Blue Rayでないところがミソです。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA