「ものづくり筆耕ブログ」カテゴリーアーカイブ

ものづくりに関する想い

パソコン版LINEを使う

パソコン版LINEは有能

何事も急激な変化には戸惑うことがあります。良いと判っていても急いだ改革には抵抗がつきものです。そこに守旧派と改革派のバトルが始まります。このあたりを巧妙に織り交ぜたドラマはヒットします。

スマホによるLINEの利用はとても便利ですが長文のメッセージ作成やコピー&ペーストを使う過去の文面の再利用には不向きです。パソコンにてメールを使える環境を持っている時にはパソコンからLINEに投稿することができます。

パソコン版LINEを構築すればパソコン上に蓄積された情報を集めたり、休み休み送信文面を作って送ることができます。

また、LINEの受信はパソコンで受けることができ、パソコンの全画面表示を利用することが可能になり、細かな字を読むことに難儀している御仁にはパソコン版LINEを推奨します。

パソコンにLINEを構築する方法はネットにたくさん載っています。『パソコンでLINEを利用する』を参考にしました。

クリップボードからコピーできない

下書きをテキストファイルに用意し、校正を重ねていざ送信という段階で冷や汗をかきました。何度も編集を加えた文章をクリップボードから右クリックメニューでLINEのメッセージ入力欄にコピーしようとしてもうまくいきません。そんな時、CTRL/Vを使うとコピーできます。

メールアドレスを解約したけれどメール送受信環境がそのままならば、無料でGメールを新設してパソコン版LINEを使ってみてはいかがでしょう。パソコン版LINEを構築するにはパソコンメールアドレスが必要です。芸は身を助けますよ!

LINEによるやり取りがまだの人には、同じ方式でパソコンからSNSを送りましょう。それは当サイトで取り上げました。PCからスマホにSMS送信法をご参照ください。

下書きはファイルに残す

上の図は最後の最後でLINEメッセージ欄に文面をコピーする手順です。クリップボードの情報は一過性のモノです。下書きはファイルに残し再利用できる方法が賢明です。

ナンプレへの入り口

ナンプレのルール

ナンプレのルールは以下の通りです。

➊タテ一列、9マスに1~9の数字が1個ずつ入る
➋ヨコ一列、9マスに1~9の数字が1個ずつ入る
➌区切られた3×3のすべての正方形ブロックにも1~9の数字が1個ずつ入る

数独(ナンバープレース・Number Place,ナンプレ)の研究開始

ナンプレが注目されて久しいですが、最近になって興味が強まりました。集中的に研究を開始してまだ3週間でありわからないことだらけです。超初心者向け問題を解いていたら複数の正解に出会いました。早めの体験は珍しいと言われておりラッキーでした。

次の図、黒字で示した以下のような問題です。1つの解答は緑字で示されます。6つのマスを一気に赤字の数字に交換しても正解に繋がりました。

研究の方向性と目指す先

新聞や雑誌で定期的にナンプレを取り上げ読者へ濃厚な情報を提供しています。そのほか、ネット上には基本的な解法などを先駆者が解説しています。当サイトでは紙媒体では表現しにくい時間差、色彩、音声などを加えて新機軸を開拓したいと考えています。

解法については書籍やネット上の既存の解法を最大限に応用しながらも後追いに終始することはやりません。ナンプレを研究し、アルゴリズムを確立しプログラミングに反映させてプログラミング学習に役立たせることが研究の目指す終局目標です。

プログラミングとの親和性

記事を書くに当たり、3×3、9×9のマスに注目してマスの位置を確定します。表現方法を上図に示しました。横方向の並びを行、縦方向の並びを列、3×3のボックスをブロックと呼ぶことにします。行、列、ブロックは0~8に割り振り、ブロックは丸囲み数字を使いました。プログラミング言語は開発に便利なHTMLを採用しています。


参照サイト:”https://fastcoding.jp/blog/all/jquery/html-css-javascript/”

HTMLでもCやphpに劣らぬ実行速度を実現できます。要素番号は0を初期値にし8まで値が存在します。9×9(81)個のマスは0~80で表現されることがあります。初期値が1から始まるexcelやWordと少し異なりますがHTMLプログラミングとの親和性を大切にしています。余談ですが81マスでは関連性の深い将棋の棋譜表現方法とも異なります。

次回の予定

文章にしたことで頭の中がスッキリしました。次回からは解法のあらましなどを含めてこれまでに分かったこと、多くの解析記事の傾向などをまとめ、地道に挑戦した結果を挙げていきます。

解法のあらまし

次回

2022初日の出に祈る

世界の平安をお祈り申し上げます。

BGMの再生ボタンをクリックすると『山家集』から西行の和歌がうやうやしく登場します。その後、BGM再生終了にて初日の出画像が出現します。
年暮としくれぬ
春来はるくべしとは
  おも
まさしくえて
 かなふ初夢はつゆめ


【現代語訳】
年が暮れ
春が来るだろうと思って寝ると
まさしく思いの叶う夢を見た
これこそ初夢である
 I wait for a button to be pushed.  

世界の安寧を祈願

2022年に期して
バダジェフスカの似顔絵イラスト

樋口一葉が新春に詠んだ和歌をLazyLinePainterを用いて筆記体風に表現しました。

万華鏡を背景に、バダジェフスカ作曲『乙女の祈り』をBGMで流し、作品はHTMLで記述され、パソコン、スマホ、タブレットなどデバイスの垣根を取り払うべくWindows10の動画キャプチャーでMP4に変換されています。

2022年はまったりした世界の到来を念願します。

様々な年初に対応

喪中が連続し複数年に

超高齢社会が訪れています。年の瀬も迫り、年賀状受付が始まっています。多くの方は喪中挨拶状の対応を既に終えていることでしょう。

されど年末に至ってお亡くなりになった近親者もおられるかも知れません。12月27日頃に喪中ハガキが届いたことがありました。

その方への賀状はすでに投函済みであり、もはやどうすることもできません。近しい方が12月23日にお亡くなりになり、あわただしく出された欠礼を詫びる内容でした。

かつて、葬式参列者の多寡を競い少ない場合は寂しい葬式であったと評価を下しました。

コロナ禍もあり最近は、近親者だけで葬礼を行うことが定着しつつあります。なのに喪中挨拶状には享年、死因など詳細な情報が記載されます。

記載というより報告に近いです。情報化社会においては一律に克明情報は不要でしょう。

お悔みの気持ちを感じた時には電話、メール、LINE等で連絡し合うのが基本のようです。

一年に一度のお便り

旅で知り合った方、商売でお世話になった方、恩師、知人へ年に一回、厚誼を交わす風習を大切にしてきました。電話、メール、LINEなどは仰々しいこともあり、その点、年賀状はうってつけでした。

年賀状は赤を基調にしたデザインが主力であり慶賀一色です。ローカル版もあるようですが落ち着いたデザインはありません。

そこで賀状の名称を年初状、ニューイヤーカードなどと変更し、すべての冠婚葬祭に対応した、新時代に相応しい喪中はがきをも許容した商品を郵政当局から発信していただきたいです。

なくしたくない紙文化

紙文化には音声や映像にない趣があるのです。一度、紙による付き合いが途絶えると次に再開する確率は低くなります。次年度には相手が喪中になることもあり喪中が複数年に連続化します。加齢により自分の器量がおぼつかなくなったら相手に申し出れば良いことです。年の初めを詠った俳句や歌を掲げて終わりにします。

初日さす
すずりの海に
  波もなし
正岡子規
🌅
門松は
冥土めいどの旅の一里塚
  めでたくもあり めでたくもなし
一休禅師
🎍
めでたさも ちゅうくらいなり おらがはる
小林一茶こばやしいっさ
🍀

ゆっくり表示

処理を遅らせる

ことの移り変わりを高速ではなくゆっくり表示したいときがあります。

将棋の棋譜から場面をゆっくり表示させる場合、C言語ではsleep関数を使うようです。HTMLではどのようにするでしょうか。

HTML身内のJavaScript関数のsetTimeoutやsetIntervalを使います。両者はほぼ同等の機能を有しますが、私はきめ細かな設定ができるsetTimeoutの方を好んで利用しています。

詳しい関数仕様はサイト上の記事に譲ります。ここではひとつのサンプルを掲げますが、大掛かりなサンプル動作は将棋熱沸騰が参考になります。

動作例

ページのロード完了で少年は坂を上っています。再起動するにはブラウザの再読み込みボタンをクリックしてください。

🚶

HTMLサンプルコード

<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
</head>
<body onload="setTimeout('start()', 1000)">
<div style="width:480px; height:208px; position:relative;">
 <img src="http://aidesign.lolipop.jp/wp-content/uploads/2021/12/step4.png">
 <div id="boy" style="position:absolute; left:25px; top:112px; font-size:48px; transform:scaleX(-1);">&#x1f6b6;</div>
</div>
<script type="text/javascript">
var x=-405;			//グローバル変数:水平方向の位置
var y=126;			//グローバル変数:垂直方向の位置
var count=0;		//グローバル変数:カウンター
  console.log("$", x, y, 430-Math.abs(x), Math.abs(y)-14);				//初期状態
function start(){
  x += 90;
  y -= 28;
  document.getElementById("boy").style.left = 430-Math.abs(x) + "px";
  document.getElementById("boy").style.top = (Math.abs(y)-14) + "px";
  console.log(count, x, y, 430-Math.abs(x), Math.abs(y)-14);
  if(count == 4)	document.getElementById("boy").style.transform="";	//てっぺん到達で歩く少年画像左右反転
  if(++count < 9)	setTimeout('start()', 1000);
}
</script>
</body>
</html>

プログラミングひとこと

少年がステップを駆け上っててっぺんに到達して向きを変える仕草は殊のほかうまくいきました。cssやstyle属性にてtransform:scaleX(-1)を使えば、画像のみならずテキストをも反転することができます。少年🚶は画像ではなく絵文字すなわちテキストです。

setTimeoutを使った遅延関数において、処理を制御する変数は関数内に定義する自動変数でなく関数外で定義するグローバル変数です。

自動変数は1回の動作完了で消滅するので適切ではありません。初期化処理は遅延関数の外でするのが最適です。

少年を移動させるstart関数は当初、body要素のonloadにてページのロード時に呼び出され次いで関数の末尾で自分自身を呼び出す再帰コールをしています。

 

印象的なメッセージ

インパクトのある表現法

英文と和文を織り交ぜて誕生日のお祝いを玲衣(仮名)ちゃんに贈ります。両方式ともメッセージをスクロールさせ見る人の注意を引き付けています。スタートメッセージをクリックするとメッセージが走り出します。

ブラウザの機能上、BGMをページのロード時に自動再生できませんのでクリックに連動させると作りやすいです。

♫誕生日を祝う♬

模倣犯の蔓延防止策

危険な風潮


同じ時期、1960年大洋ホエールズ、奇跡の日本一、プロ野球『日本シリーズ』のニュース

最近、電車や公道において凶器を使った事件が多発しています。

日本経済がまだまだ未成熟だったころ、政党の党首が日比谷公会堂で演説中に刃物で刺殺される事件が起き、生々しい写真で報道され一大センセーションとなりました。

これを機に刃物を持ち歩くことが禁止され世情が暴力は許さないという機運が盛り上がりました。今の銃砲刀剣類所持等取締法につながったようです。

板前さんが職務上、持ち歩いていたのに警察から事情を聞かれたなどの話を聞いたことがありました。

諸外国では部族間の争いや小さな諍いに銃砲が使われることもありますが、我が国ではナイフが多いです。身を守るには外敵よりも有利な武器を持つという考え方が成り立ち、国と国との軍拡競争にもつながります。

電車内の凶器による傷害沙汰では高齢者や女性が被害者になりがちです。このようなケースでは、被害者と加害者に特別の関わりはなく、ただ居合わせたに過ぎず恐怖心を煽ります。

表に出るとき、このまま自己責任という風潮がまかり通れば戦国時代に逆戻りして、かばんには目つぶし、催涙ガス、スタンガン、小銃などを所持して自衛しなければなりません。

困ったことに愉快犯や模倣犯が跋扈して負の連鎖反応を引き起こしています。脚色することなく報道することが大切ですが、このような行為にはもっと厳しく指弾してもいいのではと感じます。

秀吉の刀狩り


豊臣秀吉~武士が支配する世へ~|歴史にドキリ|NHK for School

歴史的に刃物の携行を禁止する機会は何度かありましたが、もっとも大きなものとして秀吉の刀狩りではないでしょうか。

治安維持や資源の再利用は建前でその裏には、もっと重大な意図が隠されていました。

次は明治維新のとき、最後がGHQによる刀狩りです。そのほかにも悲惨な事件が起きるたびに改訂が行われたと思われます。

防止策

 ヤフー知恵袋より

安全な社会でなければ自衛もやむを得ませんが、人々の生活に疑心暗鬼を生みギスギスした雰囲気になります。

公会堂における刺殺事件後、不要な刃物携行にはマスコミがこぞって警鐘をならしました。その甲斐あって巷でも反暴力への思いが高まりました。

身近な例では、野外活動にリンゴの皮をむくための小刀(こがたな)をリックに準備したところ、皮は家でむき塩水につければ変色しないことを周りから教わり不測の事件に繋がらないようにアドバイスを受けたものです。

このように凶器になりうるものは持ち歩かないようにみんなが気を配っていました。歴史に学び常日頃から危険な芽をつむ運動をよみがえらせたいものです。

図書館事情

順番待ち

最近、図書館に予約申し込みがかなってようやく借りることができました。新刊書をじっと我慢して待った甲斐がありました。

申し込み時は順番が120番程でしたが、半年がかりで順番1になりました。コロナの蔓延で図書館も一時、休館になりましたが蜜を避け感染防止策を施して運営されています。

感染症対策は完璧ながら

机や椅子は距離を置くため、一人置きに座るようになっていて、長時間の利用を避けて短時間で用を済ますように広報されています。

https://kinomemocho.com/variety/harigami03.jpg から引用

消毒を励行するなど衛生面の気遣いが強化されたことによって、周辺がきれいになったぶん本の汚れが目につくようになりました。

特に持ち運びに優れた文庫本の汚れは半端ないです。

それにしても利用者のマナー違反行為が多すぎます。頑迷固陋な世代に効き目は薄いのに、躾を促す張り紙にあふれています。公徳心の向上を期待します。

新媒体・モーションロゴ

次世代キャッチコピー



当ブログではこれまで新機軸のキャッチコピーを取り上げてきました。動くキャッチコピー作成法などが代表例です。ラスベガスの金ぴかネオンサイン方式ではきめ細かな表現をすることは難しい上、そこまでやるにはかなりの経費がかかります。

ましてや天候、季節に連動して描画内容を切り替えるなどは不可能です。インターネットを利用して、電子表示装置や大型スクリーン装置を用いればテレビコマーシャルのような広告を実現できます。

今回、『熱誠学舎』という仮名の次世代学習塾向けに動くキャッチコピーの試作品を作りました。縁取り文字によるキャッチコピーが大回転しつつ筆記風にスクロールしながら表現されます。

その間、会社ロゴマーク(動く商標、モーションロゴ)、写真、イラストなどにより会社概要・営業内容を動的に表示しています。

古い広告媒体の限界

ネオンサイン式広告では前もって表示するメッセージや図などをネオン管で作っておく必要があります。これまではドット方式で文字や図を碁盤上のランプやLEDで表現する方式が多く、細かく即時性をもって表現することを苦手にしていました。

今やパブリックビューイングが至る所に出現していつも見慣れたメッセージを目にしています。

しかしながら見飽きたメッセージ、新鮮味のない内容では見向きされません。時期、環境、状況に即した内容にすればアピール度が増して業績向上につながります。先のブログ記事ではそのことがきっかけで自作方法を取り上げました。

表現するための準備

気の利いたキャッチコピーを表現するにはHTMLを体得すると時流に乗ることができます。広義のHTMLに含まれるCss、JavaScriptの三者を理解すれば、世界中にメッセージを発信することができます。

https://fastcoding.jp/blog/all/jquery/html-css-javascript/ から引用

HTMLはホームページやブログなどを表現するためのツールで無料で開発環境を構築することができます。

開発に用いる電子情報機器はスマホでも可能ですが、過去のソフトウェア資産が蓄積されファイルとして扱いやすいパソコンが便利です。

完成した作品を描画するに当たり、HTMLはデバイスを選びませんのでパソコン、スマホ、タブレットなどの情報端末で動作します。

動くキャッチコピー作成に

HTMLを用いたシステム作りは小規模から大きなシステムまで誰にでも可能です。当ブログを初めから読み砕いていただければ必ずや立派なシステムを作り上げることができるでしょう。



自作に挑戦する意欲のある方には冒頭の引用記事が参考になります。多忙な方あるいは埋もれた技術・才能を世に送り出す手伝いをしたいとお考えの方には専門家に依頼することが手っ取り早いです。

キャッチコピー作りを応援します

今では動くロゴマークを特許庁に商標登録することが可能です。

モーションロゴをアピールに加えた会社案内、学習塾やこれから起業する営業案内、創業者の還暦・喜寿のお祝い用動くキャッチコピー、誕生・入学・卒業・就職・褒賞などの動く成長記録や回想録作成を応援します。

ブログの非公開問い合わせでご連絡ください。

発表作品について

今回の作品は、➊動くロゴマーク1点、➋学習塾風景のイラスト・写真10点、➌動くキャッチコピー5点から構成されています。

イラスト・写真は静止画です。動画にすることも可能ですが、表示時間の調整が必要です。

バックグラウンド音楽は取り付けるイベントを決めれば再生時間の制約もなく容易に鳴動することが可能でしょう。