カテゴリー別アーカイブ: ものづくり筆耕ブログ

ものづくりに関する想い

言葉は踊る

便乗ことば

記憶が薄れるほど昔、「文化」という言葉が流行りました。

文化住宅、文化包丁、文化鍋、文化人、文化的、文化コンロ、文化祭、文化カップル、文化の日、文化放送など挙げればきりがありません。いくらなんでも文化カップルはなかったと思われます。便利・モダン・新式を標榜しました。                   

アパート、下宿ではいかにも寂しいということでコーポ、メゾン、レジデンス、ハイツ、ハイム、カーサ、ヴィラなどの呼称になったのでしょうが英米ではマンションといえば「大豪邸」を指します。

カタカナにも飽きがきましたのでそろそろ、閣、城、楼、殿、堂、亭、軒、天守、望、玉、蘭、庵などが付く屋敷名、たとえば、富士見台清涼殿ではいかがでしょう。

欧米文化

アメリカナイズと今では死語になった言葉があります。やみ雲に欧米の文化を取り入れた時期があったようです。

聞いた話ですが第二次世界大戦後、新しい体制による教科書の印刷が間に合わず、戦前の好戦的な記載を墨で塗りつぶした本で教育を受けたという話を聞きました。その後、敗戦国の悲哀のなか欧米文化を吸収して経済的な急成長を遂げたのでしょうか。

その中で、何でもかんでもアメリカ一色に染まることをアメリカナイズと言ったようでした。そして、和洋折衷などの言葉が使われ始め、日本古来の文化も大手を振って主張できるようになったのでしょう。

新しがり屋

一時、欧米人を毛唐(けとう)などと差別用語で呼んでいた人ほど、新しがり屋になる傾向がありました。羽織袴に靴も似合うでしょう。

新しいことが妙に素晴らしいと勘違いするときは誰にもあります。表よりも文章が多い文面をエクセルで作りたがります。そして、中央揃えの割り付けをマスターして多用します。

中央揃えは用紙の中心線の左右に均等に割り振るので手書きでは難しいです。ワープロやコンピュータによる文面作りに限定されるので縦書きもまだ幅を利かしている日本文化にはなじまないように感じます。

中央揃えの文化

日本語の中央揃えは一部の好事家により始められたのでしょう。これが市民権を得たらそれも時代の流れとして認めましょうと思っていたら、洋画のクレジットタイトルやスタッフロールでは中央揃えでした。

英語圏では古くから中央揃えだったのでしょう。映画で外国語の日本語訳は画面の右に縦書きでしたが、最近見た映画では下にありました。今のテレビはかなり横長になりましたが映画ほどではありません。左端の席では右の字幕が見にくいので、下に横書きの中央揃え日本語字幕は理にかなっています。

ボヘミアンラプソディにひとこと

最近みた映画はボヘミアンラプソディでした。称賛の映画評が軒を連ねていますので最後に一言。ラストのライブエイド(1億人の飢餓を救うための「アフリカ難民救済」チャリティーコンサート)シーン、21分は圧巻です。

紆余曲折のストーリーはどうでもいいと思えるほどです。賛否両論あると思われますが、出掛けていっての帰り道は軽やかでした。料金は値切ったわけではありませんが年齢の効果で1100円でした。

師走2018

先生が走る

せわしない時期が到来しました。漢字では忙しないですが漢字はあまり使われません。昔は(昭和の中頃までか)イベントと言えば盆と正月でした。

身に着ける肌着や履物などは、破けたり壊れても繕って済ませ新調するのは暮れだけであり、ちょっと贅沢な食事は盆と正月が定番でした。

寒い地方では冬になると足袋(たび)を履くのが常であり、繕ってボロボロになった足袋を捨て新しいものをおろした気分は爽快でした。これらを話題に取り上げて今では「365日、盆と正月」と言われています。

当時、物が壊れたら修繕して使うことは誰にも共通の意識であり、物を大切にする気持ちが育まれました。

やがて、商業活動が活発化し物も大量生産の時代になると、「消費者は王様です」のキャッチコピーが喧伝され使い捨てが一般化しました。修繕に費やす時間よりも働いて賃金を得てそのお金で買った方が得策でした。

年内にけりを付ける

江戸時代、掛け売りが一般化していて、暮れに借金を清算することが債権者、被債権者の一大イベントでした。

そのため、師走を迎えて駆けずり回ったことでしょう。

落語ではこの辺りの人情の機微を面白おかしく芸にしています。

髪を整えて正月を迎える習わしで床屋さんは大晦日の晩は寝ずにお客へのサービスを続けたそうです。

今は11月に入ると早割、早得などのフレーズで人心を煽って晦日、大晦日が最大の山場になることは少なく、逆に銀行などは定休日になるほどです。

生活風習の変化

正月にはお店が休みになり、食料の買い付けができなくなるのが普通でそのため、日持ちのするおせち料理を作ったものです。欧米の思想がまだ定着せず、頑なに日本独特の風習が残っていた時代には、他と異なる行動は慎むことが一般化していました。

1ドル360円だった時代はけっこう長く続き、外国への旅行もままならず外との交流は格段に少なかったのです。平準化思想はお上のお仕着せだったでしょう。

それがコンビニエンスストアの出現で生活が一変しました。長ったらしいカタカナを使う人は無くなりコンビニが通例です。正月は静かに一年の計を立てるというより、町に出てにぎやかに過ごすことが「あり」になってきました。

古い人間からは正月からお金を使うと年中、お金が出ていって貧乏になると言われました。今ではそれはケチなだけではないですかと一笑されます。

それでもデパートなどは三ヶ日は店を休んでいましたがコンビニの年中無休の影響で正月休店を決め込むことが激減しました。また、「うつくしき根岸の春やさゝの雪 正岡子規」にあるように正月には雪が見られたようですが、降雪は少なくなりました。

12月といえども他の月と何ら変わらなくなってきています。あせらず新年を迎える準備をしたいと考えています。

因果応報

情けは人のためならず

正しい、正義と思ってしたことでも、やがてはしっぺ返しとなって自分の身に起きてしまうのだろうか。

日本の高度成長期が終わって企業縮小の命題を担って人員整理の大役を仰せつかった人は多いでしょう。この役を好んで引き受ける人は少ないと思われます。

上層部の意を受けて果敢な策、老獪な策を用いて事を成し遂げた人の行く末は様々です。

トップに上り詰めた人、サケが遡上して世代交代を終え最後を全うするかのように静かに去っていく人、百人百様です。

「人には優しく情けを掛けなさい、そうすればやがて自分の身に返ってきますよ」と言い伝えられています。

最近の経済界のびっくりニュースを見ていると、どんなに功労があった人でも組織のひとコマには変わりないようです。

人は権力を握ると長く留まりたがります。淀んだ水は腐るのが常です。

自分しかできない、自分こそがその任にふさわしいと思うことと、今の地位を失った時の不安が増殖して正常判断から遠のいてしまうのだろう。

西洋思想で組織を立て直した後には東洋思想のわび・さびに浸るのも一つの過ごし方ではないでしょうか。

過ちては改むるに憚ること勿れ

毎度、毎度、権力闘争や会社の不祥事がニュースになって、お偉いさんが頭を下げています。

それは過ちというよりは、かつては許されていたことがだんだん許されなくなってきたのに放置したことへの非難だと考えます。

外国の一流ホテル従業員が蛇口や洗面器を拭いた雑巾や自分の作業着で食器を拭いている動画が公開されています。

世界の片隅ではこういうことをしている地区はあると思われます。長年住んでいた所から今の職場にきて、社員教育も受けずに職場を任されたらそのような振舞いになるでしょう。

ものを拭く雑巾、ふきん、ナプキン、タオル、ハンカチの使い方を教えなければなりません。

宿泊客が怪しい行為をチラッと見て隠しカメラを仕掛けて証拠写真を撮ったと報道されていました。

「天網恢恢疎にして漏らさず」、気を付けたいです。変化するスピードに対応しないと大衆の前で頭を下げることになります。時にはスピードの他に加速度にも気配りするとより効果的です。

情報媒体今昔

栄枯盛衰は世の習いか

2012年ころに、GAFMAという言葉が使われたようです。米国巨大IT企業5社(Google, Apple, Facebook, Microsoft, Amazon)の頭文字をとって名付けられたと聞きますが、日本ではあまり浸透しませんでした。

対してGAFA(ガーファ)ということばが盛んに飛びかうご時世です。先の5社からMicrosoftが抜け落ちた4社を言い表しています。

驕る平家は久しからずと繰り返し語り継がれました。幼少のころから何度となく連呼されると平家≒(超悪、極悪、犯罪者)のような印象を植え付けられました。リストラになった貴族(天皇一族)の末端が3Kに類する業務を請け負って力を付け、明治維新の前までの長期にわたる武家政治の基礎を築いたにしては散々な呼ばれかたです。

アナログからデジタル

古いものから新しいものに変わると古は悪、新は善と単純に考えがちですがそれほど割り切れるものではありません。テレビや時計はアナログからデジタルに変わりましたがデジタルがスーパーマンではないのです。

ラジオ・テレビからネットへ

テレビやラジオでは外部タレントよりも局アナと呼ばれるような内部正社員の登用が目立ちます。外部タレントは固定化され出番が増加しているような気がします。これは制作費の縮小が影響していると思われます。

古くからの付き合いのタレントの出演料を下げるにも下げられないので出番を増やして出演者の実入りを保証しているものと推測します。テレビでは以前よりコマーシャルへの配分時間が増えたようにも感じられます。

プロ野球中継ではピッチャーの投げる配球や球種など事細かに描写されるけれど、楽しみだけで見る観客にはそこまで必要なのか。投球のたんびになんの変哲もない芝生が写りますが、そこにスポンサーの名前を合成技術を駆使して画面に嵌めこみコマーシャル時間を短くしてほしいです。

知恵を絞って顧客に寄り添っていかないと明るい未来はありません。

紙媒体からデジタル媒体へ

新聞を読まない若者が増えています。スマホの普及で定期購読の必要性が薄らいでいます。

最近の新聞には広告の占める割合が極端に多くなっており、記事は申し訳ない程度にちょこっと載っている感じです。

産経新聞が全国誌を止め、ローカル誌になるという話を聞きました。朝刊が夕方に届くなど問題があります。これは中央から地方に輸送しているからか。

情報を転送して地方の印刷所で印刷というのも画期的な経費節減(コストカット)にはならないのでしょう。紙媒体からデジタル誌に変えた新聞は外国にも多くあります。売り上げは依然とほぼ変わらないが読者層に変化があったと聞きました。

デジタル媒体が盛ん

新聞社や雑誌社が運営するホームページでニュースの配信をサービスしています。大体は他のメディアでも取り上げている記事が多いですが、中には特ダネ的な記事やひまネタ的な記事が含まれていて108円の有料記事になっていますが触手が伸びません。

108円を払って読む気にはなれません。一年ほど掛けてようやく350ページ・256円の電子本を出版しました。売れ行きはボチボチです。「動作させながらゼロから学べるJavaScript」です。

それに比較すると有料記事108円は高いと思われます。インターネットはただ(フリー、0円)、サービスの和式解釈はただという考え方が普及しているからだろうか。

かつて空気と水はただと言われましたが、水はスーパーで売っていますし、国のリーダーが水道事業の民営化を推進する時代です。インターネットは誰でも気軽に情報を発信できるツールですが、玉石混交のきらいがあります。

品質や信頼性にいつも気を配り良質なものには対価や高評価を与える機運が盛り上がらないと公器を使ってのうっぷんばらしが蔓延することになるでしょう。

最後になりましたが、アメリカ巨大企業のなすがままはいつまで続くのでしょうか。

身近なところからスタート

世界は地元から始まる

以前、営業用の団扇(うちわ)をもらったら上のタイトル文が印刷されてありました。

創業者とその配偶者の二人から始まったという大企業はかなり存在します。

同じように、大河の激流も源流の一滴からスタートしています。

究極の目標は大きく掲げることが大切ですが、初めからとてつもない高望みは危険です。

先ずは身近な話を語ります。

教育現場の現状はいかに

ある公共施設で仕事をしたとき、IT関連機器は十分に整っているとは言い難いものでした。パソコンにおいては、民間ではWindows7が主流の時期にWindowsXPがほとんどでした。

OSが古くても通常、利用しないソフトを常駐メモリから削除するなどのカスタマイズを十分にすれば、利用に耐えうるものなのに動作が重くイライラが募りました。

予算に限りがあるので、たびたび、新しく更新できないのでしょう。その上、購入時にあまりにも高いものを買ったためにモデルチェンジに対応できないのだろう。

予算を使い切らなければならない仕組みにも問題があります。

専門知識に通じている社員をパソコンマニアのように便利に使っていると人材は逃げてしまいます。

2020年から小学校でプログラミング教育必修化がスケジュールに上がっていても現状は準備万端とはいってないようです。

これまで高いハードルに挑戦し過ぎたきらいがあります。実情を考慮して基礎から再スタートです。

身近なプログラミング

身近な問題として、「今日は何曜日」かを表示させたいときがあります。この問題は実質1行のプログラムコードで解くことができます。以下のコードです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<script type="text/javascript" charset="Shift_JIS">
document.write('今日は' + ('日月火水木金土'[new Date().getDay()] + '曜日').fontcolor('magenta') + 'です。');
</script>
</html>

「今日は何曜日」実行例

 

次にこれを拡張して「自分が生まれた日は何曜日だったのだろうか」と思うときがあります。

誕生日は各人まちまちであり、自分が生まれた日を指定した日に変えた方が汎用的です。

それは以下の実質4行コード(9~12行)で求めることができます。

 

<!DOCTYPE html>															<!-- 日付から曜日を得る -->
<html>
<body>
<input type="text" id="hiduke">
<button type="button" id="form-button">調査する日付(YYYY-MM-DD)</button>
<div id="result-text"></div>
<script type="text/javascript" charset="Shift_JIS">
document.getElementById("form-button").onclick = function() {
  var inputYMD = document.getElementById("hiduke").value;				// ユーザの入力日付文字列を得る
  var dObj = new Date( inputYMD );										// 入力された日付オブジェクト
  var wDay = dObj.getDay();												// 指定日付の曜日
  document.write("指定の日(" + inputYMD + ")は、" + '日月火水木金土'[wDay] + "曜日です。");
}
</script>
</body>
</html>

「自分が生まれた日は何曜日」実行例


入力する年月日はスラッシュでなく半角のハイフンで区切ります。10文字を入力後、右欄をクリックします。ここではシステムが日付の正当性をチェックしません。2月30日、3月34日、13月0日などを入力してもエラーとしてはじかれません。4行目のtypeをdateに変更すれば異常値を除外できますがコードサイズが大きくなります。

次回の予定

次回はもう少し歯ごたえのあるものに挑戦する予定です。

 

立冬2018

冬の訪れ

唐紅(からくれない)とは、濃い紅色のことで、マンセル記号ではRGB(217, 52, 72)などがその色のひとつです。黄色の混じらない純粋な紅色(べにいろ)は恋の激しさとしてドラマに登場します。

あんなに暑い暑いとこぼした夏が不思議です。立冬にちなんで紅(くれない、べに)に触れてみました。

一度、一茶の句を画像で表現しましたが、味のある縦書きのテキスト表示に改訂しました。SEO(Search Engine Optimization)の向上に貢献するでしょうか。

音楽:『昼下がりのワルツ』、H/MIX GALLERY 音楽素材より
 ©TacM,2018
 Ver0.02
ゆうやけや
 唐紅からくれない
  初氷はつごおり
      小林一茶こばやしいっさ

 

サイト上の倫理規定

規則が実態に追い付かない

最近、著名な企業名で広告やメールが届くようになりました。『〇〇に当選しました』のような文言で有料のサイトに誘う手口です。

超有名企業なので本当らしいということで先に進むとやっぱり会員登録のようなはめになります。

最後にはとてもその企業で管理しているとは信じがたい内容です。

メールの中味が筒抜け

知人に出したメール内容に反応したような広告が増えるのは、奇異な感じを受けるうえ気持ち悪いです。

フリーのメールソフトだからといって通信の秘密を侵すような振舞いは許されないでしょう。

文面に添付ファイルなどの文言があり、添付ファイルの指定を忘れると「添付ファイルの設定を忘れていませんか」のメッセージが出力されるのでメールソフトが中味をチェックしているのは間違いないと思われます。メールソフトがどこまで文面に関与しているかを知りたいです。

検索内容が覗かれている

パソコンやスマホで一つの事柄を検索すると検索した内容に関連した項目が増えます。

いつも検索している分野ならば耐えられますが、思いついてたまたま検索した内容が長く引きずられて困ることがあります。

ビッグデータの利用方法

プリペイドカード、ポイントカード、診察カードなど個人情報が詰まったカードがごまんと存在します。「個人情報の保護に関する法律」がありますが、個人を特定されない複合的な利用法は法律の埒外にあるようです。

例えば、年齢別利用時間帯、利用者分布図など情報の様々な使い方があります。カードとして気が付かないほどの極小ICチップが埋め込まれていれば、その人の居場所が特定できそうです。

野放しの活動

本人が知らないうちに関連するデータが他人に渡り様々な使い道に利用されています。それらを扱える組織のなすが儘になっているのは危険な気がします。

集められたデータがどのように使われていくかを注視する必要があります。

サイト上の倫理規定はあいまいで、グレーゾーンに埋没しそうです。少しずつクリアになることを願っています。

贈答にまつわる名言続編

朝貢外交

朝貢外交とは、何がしかの褒賞や報酬を期待して周辺強国の機嫌をとるために、高価な物品を献上するような外交姿勢を言いますが、個人や団体生活においても似たような動きがないわけではありません。近代以前の中国周辺諸国においては、無益な争いごとに巻き込まれないように姻戚関係を持つこともあったようです。

 

ちょっぴり皮肉が込められており、ワクワク感はありませんが、金言に画像を付けてみました。表現力の向上にご検討ください。

物の贈答にまつわる名言・至言©TacM,2018 Ver0.04



 

 

物の贈答にまつわる名言

2018年も終章に

大河ドラマ『西郷どん』も最終章に入りました。霜月(11月)に入ると、喪中の挨拶やお歳暮の準備やらでせわしなくなります。このブログでも物を贈ることについて何回か語っています。

賄賂(わいろ)政治のことばとともに物やお金をある意を持って権力者に貢ぐ風習は有史以前からあったと思われます。

これらはドラマや川柳などにしばしば取り上げられてきました。

今回は12種の名言を集めて時間差表示を試みました。ひながたとなるプログラムコードは難なく入手できるので、これを発展させて中央の画像を名言・至言にふさわしいイラストに切り替えて表示するように改訂してください。

 

物の贈答にまつわる名言・至言©TacM,2018 Ver0.02



 

深まる秋

秋の風物

史上最強とも言われた夏も遠くのかなたに消え去り、肌寒ささえ感じる頃となりました。今年は時計の針が逆転したかのように東から西へ向かった台風もありました。

憂いを残すBGMを聞きながら秋の夜長に思いを寄せてみましょう。同一方向の二重スクロールで秋の風物を背景にいにしえの和歌を著してみました。

再生ボタンをクリックして開始です。

©TacM,2018 Ver0.02

【現代語訳】
にわか雨の露がまだ乾ききらないうちに
もう槙の木の葉に霧がかってきている
秋の夕暮れかなあ
村雨むらさめ
    つゆもまだひぬ
      まきの
きりちのぼる
    あきゆう
小倉百人一首(第八七番)  寂蓮法師じゃくれんほうし