カテゴリー別アーカイブ: ものづくり筆耕ブログ

ものづくりに関する想い

過ちては改むるに憚ること勿れ

変えることへの抵抗

物事を変えることは中々難しいものがあります。組織では改革派、守旧派の対立が起きます。そこにお家騒動が勃発することがあります。血を分けた親子でも経営方針の違いから多くの株主を巻き込んで騒乱を引き起こした事件がありました。

大げさでなくても、今の生活を変更できずに無駄な出費に甘んじている人は少なくありません。

大家族では電気契約アンペア数60アンペアは珍しくないと思われます。それが核家族化し、老夫婦も年老いて一人暮らしになってもそのままになっているケースが多いです。一人暮らしは15アンペアで十分でしょう。

電気代節約のため、外出するたびにテレビの主電源を切っている一人暮らしの高齢者を見ることがあります。技術革新が進み、主電源を切っても大きな効果はありません。コンセントが痛むだけです。

運用上、重要情報を記憶しておいて、描画時間を短縮しています。その記憶が失われ、立ち上がり時に余分な電力が消耗しかえって電気代が増えかねません。事情に詳しい家族が契約の手助けをしてほしいものです。

早めの変更

古くなった車を売り払ったのに廃車手続きを怠ったために税金を払い続けたり、使わなくなった黒い固定電話の賃貸料を払っている人もいます。早めの手続きが望まれます。

崩れかけた空き家の権利関係が不明であるために、取り壊しや道路拡幅が進まず、周辺の整備に大きな障害が立ちはだかっているケースを耳にします。

有名な神社の参道で一部が狭くなっていたり、賑わいをなくした温泉街の一角に幽霊屋敷化したホテルがあり、斜陽化に拍車をかけています。個人の権利をないがしろにするのは危険なことですが適切な法整備が望まれます。

様々な制度

総選挙の投票日が近付いています。我が国は北欧などの高福祉国家ほどではありませんが、様々な医療制度があります。

高額医療費制度、助成金、補助金、奨励金などの制度があり、いずれも該当者が適切な対応を取らなければなりません。そのような知識を持ってない人には大変な時代が到来したといえるのではないでしょうか。

一般に、地味なもの、話題性が低いものへの働きかけはよくありません。NPO法人などの応援が望まれます。

釣瓶(つるべ)落とし

秋の陽

《秋の陽は釣瓶落とし》と言われます。井戸で滑車を使って水を汲む釣瓶(つるべ)はあっという間に底に落ちていきます。

秋の陽は落ちるのが早く身近な釣瓶に例えたのでしょう。秋の陽秋の日の字を当てることも多いようですが、その日も太陽のことを指していると思われます。

今は上下水道が完備していることが多く、釣瓶を見る機会が少なくなっていますが、50年ほど前は井戸水の利用は普通でした。

下水道においても1964年東京オリンピック前にIOC委員の視察団が来日したとき、都の方針で屎尿(しにょう)汲み取り車を一斉に休ませ、生活環境を目立たなくした上、交通渋滞を緩和したそうです。

紅葉(もみじ)狩り

春は山笑う、秋は山(やま)粧(よそお)うと言われます。高い山はすでに紅葉が始まっています。「桜は南から、紅葉は北から」と自然は分け隔てがありません。もっとも桜は九州よりも東京が早かったりします。

自然豊かな日本では果物が豊富で、サクランボ狩り、リンゴ狩り、ブドウ狩りと行楽が盛んです。それらはいずれも果物を食べたり、もぎとっておみやげにします。

秋の風物として紅葉狩りがあり、かつては会社、町内会などでバスを繰り出しての小旅行が定番でした。紅葉狩りに参加したある人が紅葉の枝を折ろうとしたので理由を聞くと、ミカン狩りなどでは果物を持ち帰るので紅葉狩りでは枝を持ち帰るのではと答えたそうです。

見事な紅葉を愛でる気持ちは、動物を食料の獲物として追う狩りに通ずるものがあったのでしょう。一方、桜を愛でる行為は桜狩りではなく花見と呼ばれます。桜の枝を折って持ち帰る野暮天はいないでしょう。

言葉と風流

「桜は見る」、「紅葉は狩る」で言葉もなかなか風流です。一年には四季があって、人生にも幼児期、少年期、青年期、中年、壮年、老年などの成長過程が存在します。

長い人生、ただ、目前のノルマを果たしていけば事が成就するほど単純ではないです。

複雑な一生には物を生産するだけでなく、潤い、趣味、哲学などの分野に触れずには過ごせません。日頃の喧騒から離れて紅葉狩りなどに出かけ積もった垢を洗い流すことも良いのではないでしょうか。

果敢な試み

電子福引き器の概要

この福引き器は古くから、がらがら、ガラガラポンなどと呼ばれている8角形の箱を回転させ、中に入っている当たり玉で景品と交換するくじ引き器の電子版です。

当たり等級は特等賞、1等賞~4等賞まで用意され、等賞別に1,5,100,200,400個あり、合計706個格納されています。

このアプリは試作版であり起動時、常に初期設定が行われ終了による継続処理は行われません。

全体機能を把握するに当たり、706回の試行は規模が大き過ぎるのでURLアドレスに’?mode=1’を付加することによって、総玉数を31(1,2,4,8,16)個に設定することができます。短時間で全体を把握できるように配慮されています。

くじを引くとき、作為が働くと興味がそがれます。ここではガラガラが回転し停止指令が届くと乱数が発生します。

全体の玉数をnとすれば0~(n-1)の一様乱数が発生するMath.random()関数を用いて作為を排除しています。

運がよければ特等賞を引いて、大音響のファンファーレがあなたを祝福してくれます。

 

前述しましたが福引き運用日は複数にまたがることが多いことながら、アプリ終了による継続機能はサポートされていません。長期間にわたる機能をサポートするには、現状況を外部メモリに記憶し、次回の立ち上げ時に復帰させることにより実現できます。

福引き器の使い方

ブラウザに所定のアドレスを入力し、アプリを起動します。上図のような起動画面が表示されるので、状況表示の景品数欄を見て仕様を確認します。▶start 開始ボタンをクリックしてガラガラを回し、頃合いを見て⏹stop 停止をクリックしてガラガラの回転を停止します。

回転が止まれば自動的に色で当たりくじを識別できる玉が飛び出てきます。⌛wait 玉出し中が表示されている間は、新たな操作は無視されます。さっそく、次の画面の▶start 開始ボタンをクリックしてお楽しみください。

動作例

運用に向けての課題

この電子式福引き器を運用ベースに乗せるには、電源が突発的に落ちても現状が保存されることが望ましいです。それから、誤った操作を取り消したり、権限をもつ者だけが管理できるようにしなければならないでしょう。

改良や不正防止のためにすべての履歴を記録に残すことも大切です。また、季節にマッチしたキャッチコピーが設定できる機能も欲しいところです。

言語処理系が持つ乱数関数は微妙な癖があります。異なる方式の乱数関数と併用するのも一つの方法でしょう

販売促進、商売繁盛のきっかけになって商店街が活性化すればうれしい限りです。

余談

当たりが確定し玉が飛び出た時の効果音が長めになりました。通常より早い操作で前の音に重なると次の音が消されることがあります。

 

東京ぶらり散歩

秋の日、東京ぶら散

東京(江戸)が行政の中心になってから400有余年、正式な遷都から150年近く経ちました。日本はアメリカのように政治はワシントン、経済はニューヨークと二極化しておりません。

近代化を急いだあまり、次の世代に思いをはせるまでには至らなかったのでしょうか。よって東京一極集中です。旅といえば、高度成長期を経て大枚をはたく豪華一辺倒でしたが、近場にもまだ隠れた旧跡がたくさん存在しています。秋の日、晴れ間を縫って東京をぶらり散歩しました。その一部、12景を載せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

end of post.

 

電子福引き器への応用

図形などを回転

ゲームを作るに当たり、テキストや図形を回転させます。これらを描画・表示するにはCanvasやenchant.jsを用いていましたが、漢字などの全角文字がきれいに表示されず悩んでいました。最近、それらのライブラリーを使わなくても図形を回転表示させることができましたので記録に残します。

transform:rotateを使う

css3やHTMLのstyle属性にて、transform:rotate()を使えばオブジェクトを回転できます。

svgやcanvasを使わずに2D(平面)方向に回転させます。

HTMLコード

<html>
<body>
<div id=fig1" style="position:absolute; left:40; top:50; width:80px; height:80px; background-color:orange; transform:rotate(-30deg)" >Normal</div>
<div id=fig2" style="position:absolute; left:200; top:30; width:100px; height:100px; background-color:violet; transform:rotate(45deg)" >Rotated</div>
</body>
</html>

電子福引き器を作るための準備

いずれ、電子福引き器を作るに当たり、この方法を採用します。▶startボタンを押して実行してください。頃合いを見て⏹stopボタンを押せば回転は停止します。ガラガラを回転させる感覚でお楽しみください。

製作上の誤差で回転軸が偏芯しています。お陰でもっともらしく臨場感あふれる出来栄えに仕上がりました。

四隅(よすみ)の背景を取り除く

画像は編集ソフトで作成しますが、丸いものでも長方形に作られます。丸い部分のみ表示させるには外の部分を透明色にすれば解決します。

今回はフリーソフトpaint.netの魔法の杖で外部を選択してDELキーをクリックすれば透明色になります。試してみてください。

 

期替わり2017

神無月(かんなづき)

2017年4期の最終期に突入しました。あと3ヶ月しかないというより、まだ3ヶ月あるぞの気分で過ごしたい。今年の夏はそんなに暑くなかったように感じます。

テレビ業界では3ヶ月を1クールと呼んでいます。1クールは13週で、半年は2クール26週、一年は4クール52週です。52X7=364であり、一年に日曜日は最大で何日などとクイズ番組に出ることがあります。答えは53日と思われます。

梅雨明け前が猛暑でその後は、雨が20日以上も連続で降り、野菜の高騰が起きました。最後の4期でよい締めくくりを目指したいです。

実りの秋

温暖化が原因でしょうか、以前よりも災害が大きくなったようです。テレビの災害報道で通常の表示サイズを小さくして、画面の上と左に災害の緊急ニュースを流す機会が増えたように感じます。

《50年に一度》、《これまで体験したことがない大雨です》などの報道が目立ちます。

秋は果物、野菜、穀物などまさに実りの秋です。暑さ寒さも彼岸までとはよくぞ申したり。過ごしやすく、食欲が進みお酒の味も格別です。

懐かしの抒情歌

抒情歌(叙情歌)がシニア世代に秘かな人気を集めているようです。抒情歌といえば童謡が多くなります。当ブログでも何度か取り上げました。若い世代には煙たがられるかも知れませんが、著作権をクリアするにはどうしても古い童謡になります。

現在、著作権保護期間は死後50年ですが、欧米では死後70年が原則です。保護期間終了の作品は、明治~大正~昭和初期に限られます。作詞:野口雨情 作曲:本居長世 《俵はごろごろ》を取り上げました。

俵はごろごろ

 

ブラウザの選択

先行投資で市場占拠

ブラウザとはインターネット上のウェブページを閲覧して画面上に表示するためのソフトであり、インターネット エクスプローラー(IE)一強の時代がありました。IEはOSメーカーが開発し、OSの付属品として広めました。

車に例えるとエンジンや車体に加え、タイヤも自動車製造会社が作っているさまに似ています。タイヤを製造する会社が他になかったり弱小の場合は車の仕様や方式を独占的に決定する力が備わり、市場を独占することができました。先行投資で市場をリードしました。

検索から脱却そしてWeb標準

多くのユーザがインターネットにアクセスして最初に訪れるヤフーやグーグルのポータルサイトにおいて、検索は検索エンジンというソフトウェアで検索され、一時、Yahoo! JAPAN の独走時期があり、その後、グーグルが台頭しました。現在、ポータルサイトのYahooは自社製の検索エンジンの採用を止め、他から導入しています。ブラウザ一覧にヤフーがないのはそのためです。

ブラウザはキーワードを検索する使い方からウェブ上に発表した情報を閲覧者に見やすく表示サービスするツールとして形を変えてきました。ブラウザは先行開発し業界をリードしてきた「レガシーブラウザ」に対し、後発メーカーはWeb標準に十分に準拠した「モダンブラウザ」と呼ばれています。

IEにおいて、古いバージョンのレガシーブラウザのサポートは終了しており、Web標準に準拠を謳ったIE7または8以降はモダンブラウザの範疇に入ります。

モダンブラウザとは最近のブラウザと見做し、IEを別の括りにしている人が多いように思われます。

個人的な見解ですがIE11以外は使う気にはなれません。

Net ApplicationsやStatCounterが発表しているWebブラウザシェアランキングでブラウザの利用率を発表していますが、両方ともモダンブラウザが伸びています。

パソコンやスマホの利用者は常に最新のブラウザを利用しているわけではないので、「レガシーブラウザ」でも動作するページにしなければならないという論調が強かったのですが、今ではその主張は少数意見になりました。

積極的な改変と我が国の文化

ブラウザはほとんど無料で手に入れることが可能である上、古いブラウザをもサポートするとページが重くなります。日本では優れたものに改変する行為は世界に較べて緩慢です。

一度、評価が定まってしまえば、容易に、頑固なまでに変えようとしない傾向にあるようです。それは、上で述べたWebブラウザシェアランキングの国内版と世界版を双方、見比べることで明らかです。

我が国がブラウザツールに先進的であり、世界をリードしていれば違和感はありませんが残念ながらそうではないのです。私は皇室や伝統文化を好ましい存在、大切にしたいと考えていますが、それなりの体験から判断するとちぐはぐな一面を垣間見ることができます。

当ブログを閲覧するために

当ブログでは動きのある記事を多く扱います。そのため、レガシーブラウザでは表示が乱れることがあります。

「古いブラウザは最新のバージョンに切り替えてください」というスタンスです。ブラウザはChrome, FireFox, Opera, Safari, IE11を推奨します。

その中から動的な表現を得意としHTML5とCSS3に対応したブラウザを厳選してください。

さいごに

企業努力には頭が下がる想いです。駅前でモデムの無料配布、ホテル、スーパー、神社でWiFiサポートなどシェアアップ、利用者獲得にしのぎを削っています。

企業は儲けるために努力をするのは当然です。利用者が美辞麗句に躍らせれて一方向に誘導されるのはいかがなものでしょう。ヨーロッパで重宝されている軽量でそこそこの人気のブラウザが存在します。用途によって使い分けるとよいでしょう。

彼岸花への想い

季節を知らせる

秋の彼岸頃には、田んぼや野原、墓地などを散策すると彼岸花の群生に出会います。真っ赤な花の群生に目を瞠ります。彼岸花(ヒガンバナ)はマンジュシャゲ、マンジュシャカとも呼ばれ、他にも多くの異名を持っていて、幽霊花(ゆうれいばな)、死人花(しびとばな)、捨子花(すてごばな)、手腐花(てくさりばな)など不吉な呼称のほか、少数派ながら天界に咲く花としてめでたい花とも称されています。

言い伝え

彼岸花は人に踏みつけられない場所に多く咲き、墓地や田んぼの畔(あぜ)などに茂ります。彼岸花の球根を食べると下痢や嘔吐に見舞われれますが、触っただけで手が腐ることはありません。

昔、年老いた世代からは、食べると死んでしまうから気を付けるようにと言い渡されていました。明治時代前までは、有毒植物には年貢がかからず、飢饉などには飢えをしのぐため有毒植物を食していたことでしょう。

彼岸花の料理には毒抜き技術があって、食糧不足という最大の有事をしのいだようです。ある大学の家政学教授が新聞に載せていましたが、十分な裏付けのもと、自己責任で食べてください。

埼玉県日高市「巾着田」
《彼岸花》
の群生

一方、菊芋という繁殖力の強い植物があります。一般にいわれる菊芋ではないかもしれないが、栽培というよりほったらかしで畑の片隅に息づいています。

畑に小石が出てくると一ヶ所に集めて塚(ツカ)が出来上がり、そこに勝手に茂っていました。この芋は積極的に食するものでなく、漬物のスパイスに使うものですと教えられました。

彼岸花の様々な一面を綴ってみました。

世界に向け東京観光案内

ストリートビューによる案内

以前に、ハイパーラプスを応用してグーグルストリートビューによる道案内を掲載しています。この度、はとバスのサイトを閲覧すると1~2時間ほどで都内の名所を巡るツアーがあることがわかりました。観光名所に入園したり、拝観したりせずにひたすらバスの車窓から観光する仕組みです。

 

このような観光ならばストリートビューによる事前検証が可能なのではと考え、世界に向けて東京観光のガイドを試みました。google Maps JavaScript API v3やハイパーラプスライブラリを使ってストリートビューを実現させる仕組みは、当サイトを始め多くのサイトから発表されています。

公開されているソフトウェアは無条件に無料のものは少なく、無料版には制限が付けられています。

google Maps JavaScript API v3について、ルートポイント設定では経由点を最大8ヶ所に制限されている他、逆ジオコーディングでは一定時間に決められた回数を超えて参照できないようになっています。これらは時間をおいて、ゆっくり参照すれば無料です。無料で切り抜けるには、それなりの技術が必要になります。

東京観光の幕開けはレインボーブリッジと銀座を含む10ヶ所ほどの名所を巡ります。最下部の左にスクロールする10枚の写真をご覧ください。



移転問題で話題になっている築地市場や豊洲を通過しますので地理の勉強にもなることでしょう。この方式は市民マラソンや日帰りバス旅行の案内にも応用が可能です。JavaScriptでプログラミングされています。

地図と併用のストリートビュー

▶guideまたは▶guide using a mapのボタンをクリックして開始します。地図とストリートビューを同一画面に重ね表示するには後者のボタンを押しますが、描画の途中で●ボタンをクリックして表示を切り替えることができます。

サンマ不漁に接し

秋の味覚の王様

サンマは秋の味覚の王様です。白身さかなやマグロなどに較べ、求めやすい値段ながらおいしさに格別なものがあります。

はるか昔には七輪(しちりん)の上に網を敷いてサンマをのせ、うちわで扇いで煙をもうもうとたてながら焼いていました。

今では、七輪や炭、焼き網、大根おろし器(おろし金)の存在を知っている人はごく少数になっています。

おろし金と言ってもプラスチック製がほとんどで、安く(100円~1200円)長持ちする割には、切れ味がよいとは言えません。

よいものはステンレス製で一万円近くします。

大根をおろすのは大変、疲れます。そこで自動大根おろし機なるものが考案されました。

それも手間ひまかかるので、チューブ入りの「大根オロシ」がスーパーで売っています。今年はサンマが不漁でサンマ祭りが軒並み中止になっています。

目黒の秋刀魚(サンマ)

江戸時代、下級魚と言われたサンマは焼きたてが最高です。

昔の殿様の食事は毒殺を恐れて、味見をする役人がいる上、殿様の口に入るには、脂身や小骨をとるので冷めてしまいおいしさは半減します。

目黒の農婦(あるいはおじいさん)から頂いたサンマはかつて食べたことがないほどおいしかったのでしょう。

『目黒のサンマ』のくだり、「さんまは目黒にかぎる」のひとコマでした。