DVD・CDラベル印刷

コンピュータを購入し、インターネット検索やメールのやり取りをマスターされた方はユーチューブへの投稿など高度な利用へと進むことができます。動画や静止画像をスライドショーに仕上げてDVD・CDに焼き、誕生日や結婚の記念に贈り喜んでもらうことができます。そのサイズが700MB以下ならばCDに、それを超える場合はDVDに焼くことになります。書き込み用CDやDVDは4~5年前とくらべ格段に安くなっています。DVDドライブも今では書き込みサポートが当たり前です。CDラベル 書き込んだらラベルをパソコンショップや100円均一店で購入し印刷して貼ります。編集用ソフトが無料でダウンロードできるものを選びましょう。気をつけないとアップデード版がダウンロードできても、原本をダウンロードできないものがあります。このあたりはショップの係員も詳細は不明のようです。ダウンロードできないメーカーならば、Word,Excel,Visioで編集しましょう。文字位置は細かい調整ができませんので、テキストボックスの中に文字を書き込めば微調整できます。台紙のサイズはメーカーまちまちです。統一が望まれます。サポートの悪いメーカーにこだわらず消費者を大切にするメーカーを選びましょう。 蛇足ですが、わが国ではROM,CD,DVDに書く(Write)と言いますが英語圏では焼く(Burn)と言うようです。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA