省エネに知恵を絞る

ひところ、石油ファンヒーターやセントラルヒーティングがもてはやされ、昔ながらの石油ストーブを見ることが少なくなっていました。上にヤカンをのせておけば暖房と湯沸しが一挙に出来て便利でしたがファンヒーターにとって変わられた。湯沸しができないために加湿器を併用することになり、いきなり2つの電源が必要になりました。爆弾低気圧で停電が頻発しており、電源の要らない石油ストーブに回帰し始めています。 寒い日は朝からストーブを使うと灯油代が嵩みます。家族が大部屋から個室での活動に移行するとなおさらです。電気料金等の値上げで省エネに知恵を絞りました。石油ストーブに常時、ヤカンをのせて湯を沸かし、湯たんぽを作って個室で暖を取るようにしました。電気代・燃料費の節約、お茶を飲んだり就寝時にも使えます。身の丈に合った生き方が求められています。悪しきものは捨てて良いものを残そう。大胆に回帰しよう。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA