電子式福引き管理ソフト4

機能

この作品は電子式福引き管理ソフトと銘打っているので、単に福引きを楽しむものではありません。福引き賞品を用意したり、キャッチコピーを折り込んだり、曜日、時間帯の訪問者などを把握し販売促進に供するために作られた管理者向けのソフトウェアです。主な機能を示します。

1.福引き
2.賞品設定
3.現況表示
4.キャッチコピー編集
5.販売分析

動作画面と動作概要

 

E-Lottery

上図は動作画面です。ゲームの操作はPC(パソコン)ではキーボードやマウスが多いのですが、スマホではタッチ操作になります。enchant.jsライブラリーでは方向キーを簡便に使えるように準備されています。通常のキーも使えますが少し手間がかかります。

上の主機能で2以降は管理者向けの機能です。一般利用者に起動されないようにパスワードを設けます。今回は↑、↓、←の3キーで6桁のパスワードにしました。3つのキーといえども3X3X3X3X3X3=729通りの組み合わせがあり、簡単なパスワードとして使えます。機能起動として設定したキーが押されると所定の処理が起動するようにプログラミングされます。4つ目の→キーは福引きの開始・停止専用キーに使います。

起動手順

①賞品設定 ———– ←←←←←←
②現況表示 ———– ↓↓↓↓↓↓
③メッセージクリア — ↑↑↑↑↑↑

セキュリティーを高めるには3つのキーを織り交ぜた方がよいのですが、判りやすいように上のように決めました。8桁にすれば6561通りの組み合わせになり実用的になります。

考察

フライトレコーダーを持ち出すまでもなく製品には通常の機能のほかに、メインテナンスや分析などの管理機能が備わっています。今回、その起動方法の一つについて語りました。スマホでは高機能タッチ操作が可能です。起動法やパスワードの扱いにはタッチ操作が望ましいです。稿を改めて「ブロックサイン風パスワード」として発表を予定しています。ご期待ください。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA