プログラミングを楽しむ

広がる裾野

2019年はラグビーのワールドカップが開催され、一大ラグビーブームが訪れました。ラグビーでは数年前にも忍者ポーズのようなことがマスコミに取り上げられてにわかファンが増えたようですが本物の人気にはつながらりませんでした。

今回は老若男女がテレビにくぎ付けになって応援したので一時の熱がそう簡単に冷めることはないでしょう。ラグビー関係者の恵比須顔が浮かびます。裾野が広がって市民権を勝ち取るまでは並大抵を超える努力がいるのです。

プログラミングの楽しさをプログラミングで表現

プログラミングは地道です。ゲームなどで利用する側ではかなりの広がりでしょうが、その大元である作ったり考えることまでの広がりはありません。そこでプログラミングの楽しさをプログラミングで表現します。

人間の五感で広告の利用は希少ですが聴覚にも訴えています。

毎度の注記で恐縮ですが、音声は自動スタートが許されていませんので、手ごろなタイミングでアンダーラインが付いたらリンクボタンをクリックしてください。プログラミングの楽しみを礼賛する文言が表示され音声が流れます

 

 

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください