フェルマーの最終定理

nが3以上の自然数で フェルマーを満たす、自然数A,B,Cは存在しない。 噛み砕いて表現すれば以下のようになります。 n=2の場合、ピタゴラスの定理で有名なピタゴラス数(A=3,B=4,C=5)は1つの解となります。

ところが、n≧3の場合、上に掲げた式の自然数解A,B,Cは存在しないことをメモ書きし、驚くべき証明を見つけたがこの余白はそれを書くには狭すぎる・・・とフェルマーは語った。

フェルマーの最終定理は1995年アンドリュー・ワイルズによって証明され、ドイツの富豪から500万円相当の賞金を獲得しました。

賞金を提案した時の貨幣価値では数十億円らしいが、物価スライドの策は適用されなかったようです。

フェルマーの予想を証明すべく多くの数学者を駆り立て300年の時空を越えて証明に至りました。 フェルマーがメモに記した時に本当に証明出来ていたかは謎ですが、数学への関心を惹きつけた功績は大きいといえましょう。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA