電子式福引き管理ソフト

開発の経緯

しばらく前に電子式福引き管理ソフトをスマートフォン用に開発しました。Javaでプログラムコードを作成し、ECLIPSE開発環境を構築し、Windowsパソコンによるクロス開発でした。久方ぶりに動作を確認するために開発環境に触れてみましたが、パーツとなるソフトウェアが新しくなり、バージョンの不整合で悩まされました。CHUSENKI

ECLIPSE開発環境の準備が骨であること、動作する環境ごとに実行ソフトを用意しなければならないことを嫌って、HTML5を利用した開発に宗旨替えしました。大規模システム構築の際には、またお世話になることでしょう。

HTML5もブラウザの仕様により動作が不ぞろいで万全というわけではありませんが、動作機種からの脱却は魅力的です。これからHTML5+CANVAS+enchant.jsによる電子式福引き管理ソフト開発を進めます。

10個ほどの画像と音声ファイルとenchant.jsライブラリファイルのほか、一つの電子式福引き管理HTMLファイルを用意します。今回はがらがらを回転したり停止するまでの初歩的な処理に留まっています。回を追って当選処理、設定、閲覧、解析処理などを追加します。

StartPic

サンプル動作

確認中

まとめ

商店街が静かでは元気が出ません。少しでも商店街のにぎわいに貢献できたらうれしい限りですが、過大な景品付きグレーゾーン販売に与(くみ)するものではありません。景品表示法も一読してください。アンケート、訪問者、他のビッグデータの解析に道を開くものと存じます。

Google chrome(バージョン 39.0.2171.71 m)とFirefoxでは動作できました。IE11ではカーソル位置の検出が他のブラウザと異なるようでがらがらを回転できません。調査中です。次回から実態に合った電子式福引き管理ソフトに進みます。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA