画像を表示する

写真やイラストを表示する

すでに作った画像、写真、イラストはimgタグを用いて表示します。

 

実際のHTMLコードは次のようになります。

<div>
<img src="http://aidesign.lolipop.jp/wp-content/uploads/2016/08/season4.png" width="828" height="226" />
</div>

imgタグのsrc属性にて画像の格納先を指定します。ブログやホームページは多くの人々に見てもらうのが目的ですので公開サーバーのアップロード先をアドレスとして指定します。動作確認時には自分のローカル記憶装置のアドレスで構いません。

画像の多彩な表現方法

画像を横に並べたり、説明文を加えるにはimgタグの他の属性を指定しなければなりません。まずは簡単な表現をマスターします。

画像の作り方

画像やイラストをどのようにして作るのでしょうか。まずは既存の画像を表示してみます。公開することなく自分のローカル環境で表現するぶんには著作権の心配はありませんので、ネット上にある画像を表示してみます。

自信がついて友達に見せたいときには、フリー素材を探して表示するようにします。

魅力的な画像入り記事をつくるには

表現力の高い画像記事にするには画像編集ソフトやデジタルカメラの扱い方などの知識を吸収するとよいでしょう。

 

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください