余り材を利用した棚作り

爽やかな陽気となり、日頃の手づくりで余った木材を利用して園芸小鉢を飾る棚作りに挑戦しました。棚板に使えそうな幅が30cm、長さが120cmほどの厚い板材が見つかり、2等分して上下に使うことにしました。

側板と中間の棚板用に19h-87w-183lの板が2枚あり、買い足した2枚と合わせ4枚を必要な長さに切って側板と棚板にし、補強用の細板を加えて釘で打ち付けました。中間の棚板には小さな鉢を置けるように、プラダンボールを適切なサイズに切って貼り付けてあります。新たな予算ゼロを目指しましたがホームセンターで購入した材料費は約500円です。

棚作り

風による倒壊を防ぐため、背面の補強板を鉄柱に結んであります。最下棚板を地面より15cmほど高くしたことと思ったより頑丈な棚が出来上がったことには満足しています。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA