水無月

旧暦とのずれ

6月になり、クールビズなどがスタートしました。また、郵便料金などの生活関連物資が値上がりして物入りです。

旧暦の6月を新暦の6月に当てはめて「水無月」と呼んでいます。旧暦では梅雨も明けて暑さが厳しさを増す頃に当たり、雨も降らず「水無月」の漢字が使われたことでしょう。

水無月、単衣、南風、衣替え、芒種、桜桃、嘉祥

日本の多くでは梅雨はこれからで多雨の季節を迎えます。ここに旧暦とのずれが生じます。こだわらないのが東洋思想でしょうか。水無月らしくない6月が訪れました。

目くるめく自然の営みに翻弄されながら、それでいて独自性を発揮しながらひょうひょうと歩んでいきたいものです。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA