動画でやってみたいこと

人気動画は一世を風靡します。『百聞は一見にしかず』の諺(ことわざ)があるように、連続的な映像で、時には音声も織り交ぜながら人の五感に訴えます。

動画広告

ユーモラスな動画は閲覧数が百万回を超えるものもあり、これを利用して広告収入で生計を立てるクリエーターも存在するようです。

こちらでは別の視点を持っています。動画に物足りなく感じていることは、一度、投稿すると改訂ができないことです。字幕を追加することができるのでまったく編集不可というわけではありませんが、季節、天候、曜日によって描画内容を自動的に微妙に変えるという仕様は実現できていません。

公共の利器を用いて想いを寄せる相手にメッセージを届ける方法を考えましたが、難しいです。公共の利器が足かせになります。そこでパスワードのようなものを設ければよいのですが、これはYoutubeの限定公開機能で、限られた人にのみ閲覧用URLアドレスを知らせるということで実現できます。

動画で情報発信

やってみたいことは、動画の起動時にCTRL+ALT+DELのように特殊な操作をした場合のみ、「○○ちゃん、誕生日おめでとう!」というメッセージが表示される動画です。

JavaScriptなどで現在時刻を取得し、プレゼント人の誕生日に反応しつつ、パスワード代わりのキー入力を制御するプログラムコードを入れれば実現できますが、動画投稿では難しいのではないでしょうか。

現実的には運営しているブログにJavaScriptで記述した記事を公開して実現できます。ひょっとしてすでに利用されているのかも知れません。新しがりやの独り言でした。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA