異彩を放つ表現

ねむの木の花言葉

下の画像において、横左、上、横右の3スクロールが独立して動作します。表示色、表示時間、スクロール方向を別々に設定しています。大事な情報はひときわ目を引く色や長時間表示に設定することも可能です。

画像の切り替えはJavaScriptにて制御されています。たとえば、早朝、昼、夕方の時間によって自動的にメッセージを変更することもできます。状況に応じて表現を変えることは大きな強みです。知恵を絞って異彩を放つ情報発信にご利用ください。

合歓(ねぶ)の花に添えて ver0.05 ©Aidesign,2016


合歓(ねむ、ねぶ)は日が落ちるころ、その葉と葉が合掌して眠るように閉じるので眠りの木、ねぶりの木とも呼ばれています。

葉が閉じるのと入れ替わるように淡紅色の花が開きます。木と花の様子から合歓という漢字になり、そこから推察されるように、盛り上がっている二人が共寝して相歓び合う意味が含まれています。

この歌は、紀郎女が大伴家持に合歓の木に想いを添えて贈ったものとされています。万葉集には清純、清楚から妖艶、官能的な大人の雰囲気まで幅広く集成されています。


ねむの木の花言葉

歓喜

胸のときめき

創造力

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA