世界に向け東京観光案内

ストリートビューによる案内

以前に、ハイパーラプスを応用してグーグルストリートビューによる道案内を掲載しています。この度、はとバスのサイトを閲覧すると1~2時間ほどで都内の名所を巡るツアーがあることがわかりました。観光名所に入園したり、拝観したりせずにひたすらバスの車窓から観光する仕組みです。

 

このような観光ならばストリートビューによる事前検証が可能なのではと考え、世界に向けて東京観光のガイドを試みました。google Maps JavaScript API v3やハイパーラプスライブラリを使ってストリートビューを実現させる仕組みは、当サイトを始め多くのサイトから発表されています。

公開されているソフトウェアは無条件に無料のものは少なく、無料版には制限が付けられています。

google Maps JavaScript API v3について、ルートポイント設定では経由点を最大8ヶ所に制限されている他、逆ジオコーディングでは一定時間に決められた回数を超えて参照できないようになっています。これらは時間をおいて、ゆっくり参照すれば無料です。無料で切り抜けるには、それなりの技術が必要になります。

東京観光の幕開けはレインボーブリッジと銀座を含む10ヶ所ほどの名所を巡ります。最下部の左にスクロールする10枚の写真をご覧ください。



移転問題で話題になっている築地市場や豊洲を通過しますので地理の勉強にもなることでしょう。この方式は市民マラソンや日帰りバス旅行の案内にも応用が可能です。JavaScriptでプログラミングされています。

地図と併用のストリートビュー

▶guideまたは▶guide using a mapのボタンをクリックして開始します。地図とストリートビューを同一画面に重ね表示するには後者のボタンを押しますが、描画の途中で●ボタンをクリックして表示を切り替えることができます。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA