あみだくじ参加人数

「分相応」、「足るを知る」などの意味するところは身の丈に合った生活をするこということでしょう。収入に見合った生活をする等のほか、周りと調和する生き方をも指す言葉です。大型車での近くへの日用品買い出し、狭い部屋でのグランドピアノ演奏、多額の負債を抱えてのボランティア活動などはおよそそれとは対極にある様と言えましょう。あみだくじB

じゃんけんは2~5人程度で優先順位を決定する場合に適します。人数が多くなると「あいこ」の状態が続き勝敗がなかなか決しません。人数が多い場合はグループ分けして少人数にして勝ち残った者同士で決勝戦をするなどの方法が採用されます。大人数におけるじゃんけんは似合いません。

jankenこのたび、Web上であみだくじを実現すべく、参加人数の最大値をいくらにすべきか検討しました。あみだくじの歴史はかなり古く、当初は円形をした阿弥陀如来に似たくじで抽選を決定したことからその名がついたという説が有力です。肝心の人数は画面上に表示できる数ということから16に決定しました。

Amidakuji2かつては紙にあみだくじを書いていましたので100人の参加人数というのは体験したことがありません。せいぜい10人以下が相応しいです。スマホが全盛の時代ですので、人数が多い場合は整理番号をもとに乱数を用いて自動的にくじを引くということが可能です。コンピュータ処理は一瞬で終わりますので参加人数はあまり関係ありません。

最適な解は時代とともに変わることがあります。あみだくじの考察からちょっとまとめてみました。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA