縦書きを高級化する

縦書きの高級化・一般化

漢字文化圏では、縦書きがなくなることは少ないと思われます。かつて、大型コンピュータが普及し、事務計算、技術計算として重宝され始めました。手書きだった給与明細書の氏名欄がカタカナ表記になり、気の早い向きには漢字が消滅して、日本語はすべてカタカナになると論じていました。



そのような状況下でも、個人で手に入いるパソコンで漢字が使えるようになり、漢字処理の技術が確立しました。連綿と続いた文化は簡単には消え去るものではありません。その意味で、縦書きも高級化・一般化してこそ、晴れて市民権を得ると言えます。

その一つというにはチッポケですが、和歌の楽しみ方として、遅延表示をしながら音楽と画像を協同表現してみました。試みを以下に掲げます。

再読み込みボタンをクリックし、再実行して『桜と富士山の画像』の透過度が少しずつ変化する様に注目ください。

参照音楽:
【サイト名】フリー音楽素材 H/MIX GALLERY
【管理者】 秋山裕和
【アドレス】http://www.hmix.net/

サンプル表示


和歌を朗読のように
時間差で表示します
©TacM,2017 Ver0.01

 

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA