旅と季節

旅をするにはどの季節がよいだろう。閉ざされ押し込められた冬を弾けるように芽吹く新春がよい。ジンジンと炎暑の下、隠し覆うものが極度に少ない夏がよい。ちょっとがんばったことが実り酒がうまい秋がよい。厳しい自然を体感できる冬がよい。どれを選んでも日常を脱却できるのが旅の魅力です。 秋の群馬二景 詩人・寺山修司の言葉を拡大解釈すれば、書を捨て旅に出よう。旅をすれば、新しい何かを発見できます。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA