Windows10をインストール

きっかけ

Windows10AWindows10そのものには大きな問題点は報告されていませんが、そのOSで起動するアプリケーションが安定して動作するかは定かでなく、様子見の状況にあるといえましょう。

Windows10を思い切ってインストールしました。Windows8.1で軽快に使っていましたが、何度か無料ソフトをインストールしたら動作が極端に遅くなりました。

同じアプリケーションをWindows7パソコンで動作したところ、約半分の時間で終了しました。メモリサイズやマシンサイクルが大きくなったのに、古い機種・OSの方が動作が速いとは納得がいきません。

物事は黒船がやってこないと踏ん切りがつかないようです。現在、利用中のアプリが動かないときは旧来のパソコンで動作させればよいのです。リスクを恐れていては前に進みません。行動あるのみです。

インストール方法

Windows 10 のダウンロードの記事などを読み、Windows10やインストール作業に関する情報を集めます。

Windows10をインストールするにはWindows 8.1/7の通知領域に表示される[Window 10を入手する]をクリックして開始します。

アップグレード

「7.05GBのバックアップ領域が必要となります」と表示されますので、開始前にハードディスクの空き領域を確認しましょう。

インストール中は様々な案内メッセージが表示されますが、その指示に沿った操作を続けると2時間程度でインストールが完了しました。

Windows7で見たようなデスクトップ画面が現れ、正常に完了したことがわかりました。

使ってみての感想

Windows10BWindows10の使用感はうたい文句にあるようにWindows7とWindows8.1のよいところを引き出しているような感じを受けました。心配していたアプリケーションも問題なく動作しています。

重かった動作も改良されています。さくさくという表現がピッタリします。あとは機能拡張も慎重に行い大事にしていこうと考えています。

終わりに

新しいことを始めるときの考え方の一例を述べました。Windows10へのインストールをためらったりしておられる方に参考になれば幸いです。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA