XAMPPのインストール後Adminが起動しない

PHPやMySQLを使用してWebアプリケーションを開発するには、Apache/PHP/MySQL/Perlなどの開発環境をまとめてインストールできるXAMPP(ザンプ)の存在はありがたいです。インストール方法は前回に述べましたが、なかなか正常に起動せず難儀を重ねましたのでその顛末を以下に記します。

XAMPP-EXEC

ApacheやMySQLを起動するにはXAMPP Control Panelを立ち上げますが、管理者として実行します。図のようにService欄に、正方形に赤いXがまったく表示されない場合は管理者として実行されていないからです。

次はApacheのStartボタンを押してもStopに切り替わらず、Apacheを開始できない現象が起きました。これはXAMPPをアンインストールし再インストールした時に起きました。アンインストールしたものの残骸が残ったまま、再インストールしたことが原因でした。きちんとアンインストールして再インストールして問題は解決しました。

なかなか解決できなかった問題はMySQLのAdminが実行できず

エラーメッセージProblem detected! Port 80 in use by “system”! Apache WILL NOT start without the configured ports free! You need to uninstall/disable/reconfigure the blocking application or reconfigure Apache to listen on a different port

というメッセージが出力される現象です。「Windowsでポート80がPid 4で使われている」ので、多くの技術者がアドバイスするhttpd.confを編集してポート 80を8080に変更する方法を試しましたが解決できませんでした。

そこで他のプロセスがポート80を使うことを止めさせる方法を採用しました。これには

Windowsでポート80がPid 4で使われている場合の対処方法
技術への名残り

を参考にさせていただき、たいへん助かりました。 具体策は次の2つのアプリケーションをアンインストールしたことです。

①Microsoft Web Matrix
②Microsoft Web Deploy

XAMPP-CONTROL-PANEL

Microsoft Web Matrixは確実にポート80を占有します。上記の方法で無事、Adminを起動することができました。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA