ものおきの改修

見るに絶えないくらいボロボロだった物置を改修しました。プロにお願いするとそれなりに立派になるが、相当の予算を見込まないといけないので自前で進めることにしました。

素人でできる範囲は小さく、改修は囲っている板材を補強し見栄えを良くするに留め、材料を調達する前に物置の大きさを計って必要とする機材を計算しました。

紙のダンボールのプラスチック版でプラスチックダンボールというハサミやナイフで切り取ることができる補強板15枚、大工技術のないものにはうってつけの材料を購入しました。

その他はねじれのある釘、アクセント用の横板を購入して総計1万円弱で済ませました。畳1枚のサイズをもつプラダンボールは乗用車では運べず、ホームセンターの軽トラックを借りました。

プラダンボールは1枚600円弱で様々な色があり、透明、黄、赤、青はやめ白にしたところ思いの外、見栄えが向上しました。ホームセンターで4~5年は持つでしょうとアドバイスももらって二人で一日がかりでしたが満足しています。

改修前の写真2枚、改修後2枚を以下に示します。他者の個人情報は塗りつぶしてあります。

 

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA