太陽光パネル新設

車でタウンウォッチングしていると太陽光パネル群に出会いました。太陽光パネルは建物の屋上、浜辺、原野などに設置するのが一般的と考えていましたが、最近、普通の畑に設置されているのを発見しました。

太陽光パネル

学校の体育館、工場の屋根ではなく、野球場なら5~6面ほどの広さの畑で売電目的に開発されたものと思われます。日当たりがよく農業よりは工業利用の方が利益が上がるのでしょうか。

太陽光発電にはかなりの初期投資が必要ですが、国からの援助が見込まれます。一度、設置すればメンテナンス経費はそう高くないと考えられます。夏も冬もなく太陽光を味方にして安定した供給ができることでしょう。

少しパネルを高くして、光を必要としないウドなどを下に植えるのは素人の浅知恵でしょうか。いずれにしても費用対効果を判断するには情報不足です。経営に乗り出した投資家の施策をじっと見守りたいです。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA