風呂の経済的な沸かし方

工業製品に文化、電化、自動とかがやたら付いていた頃、風呂を沸かすにも気を配っていました。夏場は午前中、早い時期に水を張り気温の上昇とともに汲んだ水の温度が上がるのを期待し、夕方に風呂を沸かしていました。

逆に冬場は沸かす直前に水を汲みます。昔は井戸水を使うことが多く、冬は気温より水温が高いことを利用します。冬場、早めに水を張ると外気によって水温が下がり燃費が嵩むことになります。

今こそエネルギー不足、二酸化炭素排出量の問題などで細かい配慮が必要なはずです。水を張る時期、沸かす時期に気を配るだけで燃費の向上につながります。 資源の少ない国は知恵を使うことによって栄えることでしょう。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA