C言語でプログラミングを楽しむ

C言語でプログラミングを楽しむ館として「C言語の庵(Cげんごのいおり)」を開設しました。目指すはLinuxシステムですがまずは机の引き出しを豊かにする準備から始めます。

一流役者になるには芸の引き出しに財産をどれほど持っているかにかかっているとも言われます。また電気屋さんに電化製品の修理をお願いすると、車の中に半田ごてや測定器のほか、ネジ、抵抗、コンデンサーなどさまざまな小道具がつまっています。

大きな組織で大きなシステムを構築する場合は、各専門家による連合体を形成し分担しますが、LINUXのようなシステムを小グループで開発するには自らが何でも深く咀嚼して理解することが必要になります。そのための知識や道具を採集するたまり場が「C言語の庵」です。

かつてBASICやCの言語処理システムを製作した経験を基盤にして具体的に進められるよう努力してみます。よって、あみだくじと日付から曜日を求めるは「ものづくり筆耕ブログ」から「C言語の庵」に引っ越します。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA