里見女流5冠王誕生

里見香奈出雲のイナズマこと将棋の里見香奈女流5冠王(21)が誕生しました。終盤の逆転劇が強みらしい。女性だけの参加ながら6冠中5冠を掌中に収めました。

日本将棋連盟の正式なプロ棋士で女性はまだ誕生していません。マラソンなどではまだまだ男女の実力差は大きいです。知的な格闘技では男女差は存在しないと考えるのですが将棋ではいまのところ格段の差があるようです。

原因は単なる競技人口の差によるものと思われます。女性の正式プロ誕生を心待ちにしています。

日本将棋連盟のプロ棋士棋戦は数多くあり、かつてスポンサーといえば新聞やTVが主でしたが、今ではインターネット系が盛んになってきました。谷川、佐藤、羽生、森内、渡辺氏らのうち最後の3人による3強時代と言えるのではないでしょうか。

谷川九段、羽生3冠は天才と言われ若い頃に目を見張る驚くべき手を指しています。以下にNHK杯戦と竜王戦から参照します。いずれも凡人には考え付かない手です。当時の羽生五段と加藤九段の「羽生善治 伝説の5二銀ダイジェスト」版、Youtubeで稀代な妙手を堪能できます。

52銀

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA