ストリートビュー撮影

日本のグーグルマップにストリートビュー機能が追加されたのは2008年ころだったような気がします。現地に行かなくてもストリートビューを見れば、行った気分にさせられます。そのサービスエリアは次第に増えつつあり、どこをサービスするのかはグーグルが決めているのでしょう。

国道ならばすべてサポートされているかというとそうではなく、街道に民家のないところはサポートされていません。それに対し、対向車同士がすれ違うのもやっとという狭い道路でも人口密集地帯ならばサポートされています。ようは利用価値が優先されています。

ストリートビュー撮影車

ストリートビューは一般に車で撮影され、今では上記のような撮影車が使われているようです。ひところ、プライバシーを侵害するとの抗議が続出したのでモザイクが追加されていることがあります。

幹線道路沿いの恋人や上司の自宅を出かけていかなくても写真で見られるのはいいことなのかどうか。公人ならやむを得ないことですが、ネット社会だからこそ信条・思想・財産などのプライバシーが丸裸になることは危険です。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA