その後の曲線美

 バラ曲線の変形

これまで時間差でバラ曲線(魅惑的な曲線美など)を描いてみました。JavaScriptで描く場合はcanvas(ブラウザ上に図を描くために策定された仕様)とsvg(同様な仕様、scalable vector graphics)を使うと便利なことも述べました。

BaraCurve8

バラ曲線は数個のパラメータを持ち、少し変えるだけで様々なカーブになります。パラメータをその都度、入力すれば所望する曲線が描かれるサイトが多く存在します。ここでは用意したパラメータで8件の曲線をダイナミックに描画します。

算出式

計算式はすべてに共通であり以下を採用しました。ここで取り上げたバラ曲線は一般的なものの変形です。b,c,dがパラメータです。式は極座標で表現され、rは半径で、角度(θ)は0~2πの範囲で変動します。

五葉線等の軌跡を求め、配列ax,ayに格納するJavaScript核心コードを示します。

軌跡算出

a=1+sin(c*θ*d)/4
r=a/2*(1+b*sin(θ*d))

番号 刻み値  b   c   d  
0   0.0015 0.4 -6 3
1   0.0015 0.2 -2 7
2   0.0015 0.2 2 4
3   0.0015 0.3 -3 5
4   0.0020 0.1 2 6
5   0.0010 0.2 -6 3
6   0.0025 0.2 2 5
7   0.0020 0.1 2 9

パラメータの意味

b,c,dパラメータにおいて、bは外形サイズに影響し、cはその絶対値が大きいほど頂点と頂点間の曲線が波打ちます。dは5角形、6角形、9角形などの頂点数です。パラメータによって曲線が複雑化するのもあり、連続線になるように角度の変化幅を刻み値により設定しています。

48bara2

JavaScriptでプログラミングしましたが、ブラウザにより動作が異なるので、安定した動作になったGoogle Chromeでの描画を、デスクトップキャプチャーで動画に落としたものをYoutubeに投稿しました。

svgは使用せず、すべてcanvasにて描画され、時間差表示はsetTimeout関数にて制御されています。

その後の曲線美

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA