縦書き遅延表示

縦書きのその後

詩、俳句、和歌などは縦書きが似合います。カラオケから縦書きの歌詞が流れると安らぎを感じます。

ブログやホームページにおいて縦書きをサポートするツール、h2vR.jsがリリースされ、多くの愛好家に使われています。

かつてから、縦書きで宮内庁が主催する歌会始の朗読のように、ちはやぶる……などと伸ばして遅延表示ができないかを検討しましたが、難解であるとの結論で保留していました。

setTimeout関数で処理を遅らせて非同期処理を試みましたが、思うようにはなりませんでした。

誤動作の内容

時間を遅らせて再度、innerHTMLにてデータを送ると、中間の進行中状態が表示されずに最後の状態だけが表示されたり、横書きになったりして期待した結果になりません。

試行錯誤を繰り返していると、縦書きと横書きを交互に切り替える方法を運営・管理サイトでJavaScriptコードを公開しており、切り替えた後にその都度、h2vR.switcher( … )関数を呼んでいることが分かりました。

遅延表示は切り替えではないのですが、縦書きの新しいデータを設定し直した後に、h2vR.switcher( … )関数を呼んだところ、こちらが期待した動作になりました。

以下に現代語訳と動作例を掲げます。

すでに実行中ですので、ロードボタンをクリックして、初めから表示してください。

現代語訳

わが家の庭にある、小さな竹林に吹く風の音が、かすかに聞こえるこの夕べかな。

実行例


©TacM,2017 Ver0.01 2017-04-08


和歌を朗読のように
時間差で表示します

 

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA