Windowsカスタムインストール

WindowsインストールWindows7を使い始めてすでに5年近くなってガタガタになりつつあり、WindowsXPのサポート終了を機にWindowsをクリーン(カスタム)インストールを試みました。ソフトを立ち上げるときの動作が重たく感じ、また画面が切り替わったのに直前のイメージが一部残るという障害が発生しているので思い切りました。このインストールはアップグレードでもないWindows7→Windows7で、ディスクをフォーマットしてから行う完全クリーンインストールの次に難解な部類のインストールです。通常ファイルは引き継がれますが、設定やProgram Files内のファイルや追加されたデバイスドライバは引き継がれません。 Windowsセットアップ再インストールのためのOS、ドライバ、アプリケーションのDVD、ライセンス認証のプロダクトキーがきちんと管理されていて、インストールのための専門知識が必須です。よってだいなしになることもままあり、十分な注意が必要です。車も2~3年ごとに車検があることを思えば清水の舞台から飛び降りた気分で決行しました。 詳細な手続きは<ぼくんちのTV別館>氏のWindows7のクリーンインストール手順まとめ(我流・覚書)に解説されています。この切り替えには3日間を充てていましたが、見積りどおり3日間を要しました。 クリーンインストールでは独自に追加したソフトは再インストールしなければなりません。インストール用DVDがあれば問題は小ですがオンライン購入したソフトは本体や認証番号が残ってない場合があります。くれぐれもご注意をお願いします。 やぶへびWindows 7のシステム管理者が知っておくべき10のコマンドなどを参考にしてなるべくならば、クリーンインストールを避ける算段をした方が望ましいと思われます。 最後に、Cドライブに以前のOSであるWindowsフォルダはWindows.oldにリネームされて残されます。管理ツール-ディスククリーンアップ-Ok-システムファイルのクリーンアップ-以前のWindowsのインストール-Ok-ファイルの削除でフォルダを削除できますが、このフォルダには更新前のProgram FilesとUsersフォルダがバックアップされて、住所録などが保存されているのでこのまま保持してください。 「藪をつついて蛇を出す」、「角を矯めて牛を殺す」ことのないようにバックアップをしっかりした後に自己責任の上、実行しましょう。

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA