Windows7クリーンインストールその後の次

Windows7をクリーンインストールしてその後の次に明らかになった事柄をまとめます。Windows.oldフォルダをくれぐれも削除しないことは先に申し上げました。宛名印刷ソフトで住所録ファイルがWindows.oldにバックアップされていて助かりましたのに差出人ファイルが見つからず難渋しましたが、隠しファイルでバックアップされていました。隠しファイル表示 隠しファイルを表示するには、コンピューター-整理-フォルダと検索のオプション-表示-ファイルとフォルダー表示と進み、隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するを選択し適用をクリックして完了です。バックアップした差出人ファイルを現在の所定フォルダにコピーしておきます。 通常操作からちょっと離れたことをするとWindowsシステムに強くなります。隠しファイルの表示の暗黙設定は表示しないになっています。パスワードを設定するほどでない機密情報を隠しファイルにすることもできます。抑えておきましょう。

Windows7クリーンインストールその後の次」への1件のフィードバック

コメントを残す

下記項目は必須ですがメールアドレスは公開されません。名前はニックネームをお使いください。

CAPTCHA